“My bad” や “It’s my bad” を使って謝る「ごめんね」

気になる人

"Sorry" 以外にカジュアルに使える「ごめんね」の言い方ってないの?

英語で謝りたいとき、多くの人がパッと思い浮かぶのが "Sorry" や "I'm sorry" でしょう。

これらは、相手に迷惑をかけたり、相手にとって不都合なことがあったときなどに使いますよね。

謝罪を伝える日本語は「ごめんね」の他に、「すまん」「申し訳ありません」「すみません」など複数ありますが、英語も同様に "Sorry" や "I'm sorry" 以外に謝罪を表す英語フレーズがあります。

その中でも、今回は "My bad""It's my bad" といった、日常会話でフランクに使われる「ごめんね」のスラング表現について見ていきます。

もくじ

My bad や It's my bad の意味は?

"My bad""It's my bad" は、

  • ごめんね
  • すまん
  • わりぃ

こんな意味があります。

"My bad" の発音

"It's my bad" の発音

"My bad""It's my bad" は、もともと「(それは)私の悪です」というのが直訳の意味。

そこから、「私が悪かった」や「私のミスです」といったニュアンスから「ごめんね」「すまん」「わりぃ」の意味で、特に友人や家族などの親しい間柄で使われます。

"Sorry" や "I'm sorry" と同じように自分が間違えたり、誤りがあったときに使われますが、"My bad""It's my bad" は、ちょっとしたミスを謝罪するときに使うのがポイント。

Taka

"My fault" や "It's my fault" と言ったりする人もいます。意味はまったく同じ。

逆に、深刻な事態や取り返しのつかないような謝罪のときに "My bad""It's my bad" を使ってしまうと、かなりカジュアルで軽いニュアンスになってしまいます。

「真剣に謝罪してるのか!?」と相手に思われてしまうため、そういった場面で使うのは避けましょう。

Taka

真摯に謝罪をするときは、いくら友達・家族間であっても "I'm so sorry" や "I'm very sorry" と言うのが基本。

My bad や It's my bad の使い方

では、 "My bad""It's my bad" の使い方を例文で見ていきましょう。

Oh, my bad. I thought we were meeting at 3.
あ、わりぃ。午後3時に待ち合わせだと思ってた。

A: Hey, did you buy some milk and eggs at the grocery?
A: ねえ、スーパーで牛乳と卵を買ってきた?


B: Oh, I completely forgot to pick them up. It's my bad!
B: あ、すっかり買うの忘れてた。すまん!

A: Who ate the cakes? These were supposed to be souvenirs for my friends.
A: 誰がケーキ食べたの?これ友達へのお土産のつもりだったのに。


B: ... My bad. I thought you bought it for me.
B: …ごめん。私のために買ってきてくれたんだと思った。

こんな他の表現はいかがでしょうか?↓

My bad や It's my bad の英語表現 まとめ

  • ごめんね
  • すまん

「私が悪かった」や「私のミスです」といったニュアンスで「ごめんね」「すまん」の意味で使われ、ちょっとしたミスを謝罪するときに使うのがポイント。

逆に、深刻な事態や取り返しのつかないような謝罪のときに使ってしまうと、かなりカジュアルで軽いニュアンスになってしまうので注意。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
もくじ
閉じる