「それは残念ですね」= “That’s too bad” は間違い!?

気になる人

「それは残念ですね」って "That's too bad" は間違いなの!?

そんな疑問に答えていきます。

誰かの不幸な話、悲しい話を聞いたとき、相手の気持ちに寄りそって「それは残念ですね」と同情することがあります。

英語だと "That's too bad" と習った人も多いかもしれませんが、使い方次第によっては相手に誤解を与えてしまう、ひとクセある表現なんです。

ということで、 "That's too bad" の正しい意味と使い方をしっかりと押さえておきましょう。

もくじ

That's too bad の意味は?

"That's too bad" は、

  • それは残念ですね
  • まずいですね
  • (皮肉で)残念だったね
  • ざまあみろ・どうでもいい

このような意味があります。

Taka

「ざまあみろ」って、むしろ逆の意味になってるじゃん!

と、思う方もいるかもしれませんが、実際にこういった意味やニュアンスを含むことがあります。

実は、この "That's too bad" は、大したことがない失敗に対して「残念でしたね」の意味で使うのが一般的。うまくいかなくても他の選択肢があるような場合に使われます。

たとえば「買いたいものが買えなかった」ときに "That's too bad" を使うイメージ。

「買えなかったのは残念だったけど、他のお店またはネットで買えるかどうか確認してみよう」と別の方法を選ぶことができますよね。

Taka

深刻な状況ではないときに "That's too bad" が使うので、場合によっては「バカにしてる」など皮肉っぽくなることがあります。

なので、自然災害で大きな被害にあったり、誰かが亡くなったときに "That's too bad" を使うと、事態を深刻に考えていないと思われ、とても失礼な印象になってしまいます。

こういった深刻な場面では、 "I'm sorry to hear that" などを使うようにしましょう。

That's too bad の使い方

では、 "That's too bad" の使い方を例文で見ていきましょう。

A: Damn it! I failed my science exam.
A: くそっ!科学のテスト落ちた。


B: That's too bad. I guess you have to take another class next year.
B: それは残念だったね。来年、またこの授業を取るしかないな。

A: I couldn't buy a ticket. I was already sold out.
A: チケット買えなかった。もう売り切れてた。


B: That's too bad. Maybe you can get it next time.
B: それは残念だったね。次回はゲットできるかもね。

A: What happened to Rachel?
A: レイチェルの身に何かあったの?


B: Oh, she's really sick. So, she can't come to the party.
B: あぁ、彼女風邪ひいたんだ。だからパーティには来れないって。


A: That's too bad. Hope she'll be better soon.
A: それは残念だ。彼女早く良くなるといいな。

A: I'm so sorry. I won't do it again.
A: ごめん。もうしないから。


B: That's too bad. I don't expect you anymore. So whatever.
B: あら、残念。あなたにはもう別に期待してないから。どうでもいい。

That's too bad の英語表現 まとめ

  • That's too bad
  • それは残念ですね
  • まずいですね
  • (皮肉で)残念だったね
  • ざまあみろ・どうでもいい

深刻な状況ではないときに "That's too bad" が使うため、カジュアルな印象や、場合によっては皮肉っぽくなることがある。

深刻にな事態に対して使うと、とても失礼な印象になるので気をつける。

よかったらシェアしてね!
もくじ
閉じる