【今週のおさらい】2022年8月1日〜8月6日

今週も「英語たいむ」をご覧いただきまして、ありがとうございます!

今週は、こんな内容をお届けしました。

  • 【ネイティブ表現】 "big time" ってどういう意味?
  • 「万引き」は英語でなんて言う?
  • 【英語スラング】「ノーパン」って英語で言えますか?
  • "You're in for a treat" ってどういう意味?
  • 「アイスコーヒー」は和製英語!?ネイティブが使う表現とは?
  • "Hold your horses" ってどういう意味?

すでに読んで頂いたものもあるかもしれませんが、忘れてしまっている英語フレーズなどありませんか?

「あれ?覚えていないかも・・・」「なんか忘れちゃった」と思う内容があったら、サクッとでもいいので復習してみてくださいね。

もし、まだ読んでいない記事などありましたら、そちらも是非読んでみてください。

もくじ

【ネイティブ表現】 "big time" ってどういう意味?

"big time" はネイティブが使うフレーズ。

学校ではまったく習わないですが、良いこと・悪いことどちらにも使える便利な表現でしたね。

副詞・形容詞・名詞の3パターンで使われるの、覚えていますか?

「万引き」は英語でなんて言う?

「万引き」は、「商品を間引いて盗む」ことから由来して「間引き」が変化した言葉。

「盗む」ことから英語で "stealing" を思い浮かべますが、「万引き」にぴったりの英語表現がありましたね。

さて、なんだったか覚えていますか・・・?

【英語スラング】「ノーパン」って英語で言えますか?

日本語で「ノーパン」は「ノーパンツ」の略。つまり、下着を身につけていない状態のこと。

"no pants" という英語も存在はしますが、「ノーパン」を表す英語スラングがあります。

言葉の由来が不明な、不思議な英語フレーズでしたよね。

"You're in for a treat" ってどういう意味?

"You're in for a treat" は、意味がわかりそうでわからない表現。

特に "in" と "for" がこのように並んでいたりすると、わかりにくく感じてしまいますよね。

この英語フレーズのポイント、覚えてますか?

2つありました。 "be in for ~" と "treat" でしたね。

「アイスコーヒー」は和製英語!?ネイティブが使う表現とは?

「アイスコーヒー」の英語表記は "ice coffee" ですが、これは和製英語。

実際に使われている英語とは、ちょっとした違いがありましたよね。

さらに、ネイティブが使う表現は他にもありました。

ヒントは「ビールを醸造する」の意味でも使われる、あの単語です。

"Hold your horses" ってどういう意味?「馬を抑えておけ」からわかる表現

"Hold your horses" は、「馬を抑えておく」が語源となって生まれた英語フレーズ。

そこから、馬に対してだけではなく、人に対しても使われるようになりました。

どんな意味だったでしょう?

暴れている馬を抑える様子からイメージを持っておくと覚えやすかったですよね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
もくじ
閉じる