【今週のおさらい】2022年7月11日〜7月16日

今週も「英語たいむ」をご覧いただきまして、ありがとうございます!

今週は、こんな内容をお届けしました。

  • "bust one's ass" ってどういう意味?
  • 「〜だけは(絶対に)したくない」って英語で?
  • 「腕立て伏せ」や「腹筋」は英語で?筋トレメニューの基本表現
  • "come up short" ってどういう意味?
  • 「グルメ」や「食通」は英語で?食べることが好きな人の表現
  • 【和製英語】「ペアルック」は英語で "pair look" ではない!?

すでに読んで頂いたものもあるかもしれませんが、忘れてしまっている英語フレーズなどありませんか?

「あれ?覚えていないかも・・・」「なんか忘れちゃった」と思う内容があったら、サクッとでもいいので復習してみてくださいね。

もし、まだ読んでいない記事などありましたら、そちらも是非読んでみてください。

もくじ

"bust one's ass" ってどういう意味?

"bust" は日本語の「バスト」でも知られていて、「胸」という意味がありますが、他の意味もありましたね。

そんな単語を使った英語フレーズ "bust one's ass" を紹介しました。

この表現は、「必死で何かをしている」といったニュアンスが含まれていました。

「〜だけは(絶対に)したくない」って英語で?否定を強調するときの表現

この英語フレーズは、日本語と英語における表現の仕方が正反対になっていましたよね。

なので、慣れるまでは混乱してしまうかもしれません。

「〜だけは(絶対に)したくない」は、言い換えると「一番最後にしたいことは〜」でした。

と、いうことは・・・?

「腕立て伏せ」や「腹筋」は英語で?筋トレメニューの基本表現

「筋トレ」の中でも、「腕立て伏せ」「腹筋」「背筋」などは基本的なメニューだったりしますよね。

これらの英語表現って、意外と言えなかったりしませんか?

「ジムに行く」や「筋トレをする」は言えるけど、具体的な筋トレメニューは英語で言えない、なんてこともあったりするかもしれませんね。

"come up short" ってどういう意味?

"come" を使った句動詞(phrasal verb)を紹介しました。

英語フレーズには "come" を使う表現がたくさんありますが、 "come up short" はそこまで細かく意味を覚えなくても、記事内で紹介した『あるイメージ』さえ知っておけば良かったですね。

さて、どんなイメージだったでしょう・・・?

「グルメ」や「食通」は英語で?食べることが好きな人の表現

食べることが好きな人のことを「グルメ」や「食通」と言ったりしますが、日本語のニュアンスに比べて、英語のニュアンスはより一般的な感じ。

どちらかというと、「食べることが好きな人」や「食べ物に関心がある人」といった感じでしたね。

そういった人たちを一般的に指す英語フレーズ、なんだったでしょう?

【和製英語】「ペアルック」は英語で "pair look" ではない!?

「ペアルック」は英語で "pair look" なので、一見すると英語でも使えそうな気がします。

ですが、実は和製英語でしたね。ネイティブは別の表現を使います。

ヒントは、「揃っている洋服」をそのまま英語にする、ですよ!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
もくじ
閉じる