“save one’s bacon” の意味は?

気になる人

"save one's bacon" ってどんな意味?

"You really saved my bacon."

ちょっと信じ難いですが、こんな風に使われることがあります。

"bacon" は日本でも馴染みのある食べ物の「ベーコン」ですが、上記の文章をそのまま訳すと「あなたは私のベーコンをマジで救ってくれた」みたいな意味。

・・・いや、どんなシチュエーション?って感じですよね。

Taka

床に落ちそうになったベーコンの話とか?笑

もうお分かりだと思いますが、 "save one's bacon" はネイティブが使う英語のイディオム表現。

なので、そのまま訳した意味で使われるわけではありません。

ということで今回は、 "save one's bacon" の意味や使い方について見ていきます!

もくじ

save one's bacon の意味は?

"save one's bacon" は、

  • 窮地から救う
  • 危ないところを助ける
  • 命拾いをする

こんな意味があります。

「助ける」や「助かる」といったシチュエーションで使う英語フレーズですね。

"save one's bacon" の発音

"save" は「貯蓄する」や「セーブする・保存する」の他に、「救う・助ける」といった意味もあります。

よく、ゲームやスポーツで「ファインセーブ( fine save )」と言ったりしますが、この「セーブ」も「救う・救助する」の意味で使われていますね。

Taka

ちなみに "fine save" は英語圏でも使われます。和製英語ではありません。

そして、 "bacon" の意味ですが、現代では食べ物の「ベーコン」のことを指します。

が、昔は「動物の体内にある肉」のことを一般的に指していた、と言われています。

そのときの名残りから、英語表現によっては "bacon" は「人間の体」という意味で使われることがあります。

Taka

肉は肉でも、豚肉に限らないってのが、なんだか不思議ですね。

なので、冒頭の文章にあった "You really saved my bacon." は「あなたは私のベーコンをマジで救ってくれた」ではなく、「あなたは私を窮地から救ってくれた = 本当に助かりました」といった意味になるんです。

他にも、"save one's bacon" と同じ意味で使われる英語表現があります。

"save one's bacon" のその他の表現
  • save one's neck
  • save one's skin

"save one's bacon" ほど使われないかもしれませんが、こういった言い方もあります。

save one's bacon の使い方

では、 "save one's bacon" の使い方を例文で見ていきましょう。

Thank you for everything! You saved my bacon.
色々ありががとう!助かったよ。

I was having a hard time changing the flat tire, but some random guy saved my bacon.
パンクしたタイヤを交換するのに苦労していたけど、知らない人に助けてもらった。

A: I really appreciate that you helped me to finish my report. You really saved my bacon!
A: レポートを完成させるのに協力してくれて本当感謝してる。マジで助かったよ!


B: No worries, man! I'm glad you got through this.
B: いえいえ!乗り切れて良かったね。


B: I would've failed the class if I submitted it late.
B: 提出が遅れたら単位落としていたかもしれないよ。

save one's bacon の英語表現 まとめ

  • save one's bacon
  • 窮地から救う
  • 危ないところを助ける
  • 命拾いをする

「助ける」や「助かる」といったシチュエーションで使う英語フレーズ。

"save one's bacon" のその他の表現
  • save one's neck
  • save one's skin
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
もくじ
閉じる