「人に偶然・たまたま会う」は英語で?よく使われる表現4つ

気になる人

「人に偶然・たまたま会う」って英語でなんて言うの?

つい先日、街を歩いていると友人に偶然会いました。

事前に遊ぶ約束をしてるわけではないのに、外でばったり会うなんて、なんか不思議な感じがしますよね。

さて、このように「人とたまたま会う」「人とばったり遭遇する」ことを、英語でなんと表現するでしょうか?

"meet" や "see" などは「会う」の意味がありますが、今回紹介する英語フレーズはこれらの単語を使わない表現になります。

ということで、ネイティブが日常的によく使う「人に偶然・たまたま会う」の英語表現を4つをお届けします。

もくじ

「人に偶然・たまたま会う」の run into

「人に偶然・たまたま会う」の英語表現でよく使われるのが、

run into

"run (走る)" という単語が使われていますが、歩いていても走っていても、人と偶然会ったときには "run into ~" が使われます。

Taka

"meet" はどちらかというと「あらかじめ予定を決めて会う」というニュアンスがあるので、 "run into" とニュアンスが異なります。

そして "run into ~" は、基本的に『人物』に対して使われる表現。

"run into + 人物" の形になります。

run into 人物

『人物』の部分を『もの・こと』にすると、「思いがけないこと、ものを経験する」といった意味になり、微妙にニュアンスが異なります。

『もの・ことに偶然出くわす』の英語表現は、一般的に "come across""stumble upon" が使われます。「人に偶然・たまたま会う」の "run into" などと混同しないように注意しましょう。

Taka

ただ例外として、 "run into a problem" 「問題に出くわす」のように使われることはあります。

I ran into Tom at the station.
駅でトムに偶然会った。

I ran into my ex-boyfriend the other day. It was a bit awkward.
先日、元彼に偶然会った。ちょっと気まずかった。

A: Guess who I ran into yesterday?
A: 昨日、誰にばったり遭遇したと思う?


B: Is that the guy you were talking about the other day?
B: こないだ話していた人ですか?


A: Yeah, it's Jacob. He is such a jerk.
A: ああ、ジェイコブだよ。彼はとても嫌な奴だ。

「人に偶然・たまたま会う」の bump into

以下の英語表現も「人に偶然・たまたま会う」の意味で使われます。

bump into

"bump into ~" も、先ほどの "run into" と同様に『人物』に対して使われる表現。

bump into 人物

bump" は「ぶつかる」という意味の動詞。もともと、 "bump into + 人物" で「 '人物' にぶつかる」という意味として使われます。

ですが、それ以外にも "run into ~" と同じく「偶然・たまたま会う」といった意味でも使われます。

Taka

先ほどの "run into" と違い、 "bump into a problem" とは言わないので注意しましょう!

I bumped into my friend back in high school last night.
昨日の夜、高校時代の友人にばったり会いました。

If you bumped into Sarah, please tell her to call or text me.
もしサラにばったり会ったら、私に電話かメールをするように伝えてください。

A: I'm sorry. I didn't mean to bump into you.
A: すみません、ぶつかるつもりはなかったんです。


B: That's okay.
B: 大丈夫ですよ。

「(人と)偶然会う」ときに使えるその他の表現

ここまでは、「人に偶然・たまたま会う」の意味で使えるフレーズ2つ見てきました。

"run into" や "bump into" は句動詞(『動詞+副詞』または『動詞(+副詞)+前置詞』によって構成される動詞の定型フレーズ)と呼ばれているもので、動詞と同じ使い方と考えてOKです。

ですが、他にも「人に偶然・たまたま会う」の表現はあります。

by chance / by accident

by chance

"chance" は日本語でも「チャンス」と使われますが、「好機・機会」だけではなく「偶然・可能性」といった意味もあります。

一般的には文末に使われることが多いですが、文中に使われることもあります。

また、 "by chance""by accident" に置き換えることもできます。

by accident

"by chance""by accident" は『人物』や『もの・こと』どちらでも使えます。意味は「偶然、たまたま」や「誤って」など変わるので、文脈によって判断しましょう。

I met John by chance last week.
先週、ジョンに偶然会った。

I spilled wine by accident all over the carpet.
誤ってワインをカーペットにこぼしてしまった。

coincidence

coincidence

カタカナで表記するのは難しいですが、読み方は『コインスィデンス』といった感じ。

"coincidence" は「偶然の一致」という意味があり、もともとは「2つの別々のことが同時に起こる」という意味です。

そこから、「予定していなかった人とばったり会うという出来事が2人同時に起こること = 偶然の一致」になるので、「人にたまたま会う」の意味で "coincidence" が使われます。

What a coincidence!

偶然会った友人や知り合いに、「なんて偶然なんだ!」や「すごい偶然だね!」という意味で使われるので、合わせて覚えておきましょう!

It was a coincidence that I met Sarah on the street.
道ばたでサラに会ったのは偶然だった。

A: Hi Tom! What a coincidence! What are you doing here?
A: トムじゃん!すごい偶然だね!ここで何をしてるの?


B: Hey John! It's been a while! I just swung by here to get some coffee.
B: おおジョンじゃん!久しぶり!会えて嬉しいよ。コーヒーを飲むために立ち寄ったんだ。

「人に偶然・たまたま会う」の英語表現 まとめ

  • run into

run into 人物

『人物』の部分を『もの・こと』にすると、「思いがけないこと、ものを経験する」といった意味になり、微妙にニュアンスが異なる。

  • bump into

bump into 人物

bump" は「ぶつかる」という意味の動詞。もともと、 "bump into + 人物" は直訳すると「 '人物' にぶつかる」という意味があり、そのように使われることもある。

  • by chance / by accident

また、"by chance""by accident" は『人物』や『もの・こと』どちらでも使える。意味は「偶然、たまたま」や「誤って」など文脈によって変わる。

  • coincidence

"coincidence" は「偶然の一致」という意味があり、もともとは「2つの別々のことが同時に起こる」という意味。

"What a coincidence"「なんて偶然なんだ!」や「すごい偶然だね!」という意味

よかったらシェアしてね!
もくじ
閉じる