“mean” の意味は?「意味する・いじわる・大事なこと」など使い方10つ

気になる人のアイコン画像気になる人

“mean” って「意味する」以外にも意味があるけど、使い方とかイマイチよくわからないなぁ…。

そんなお悩みに答えていきます。

“mean” は「〇〇を意味する」という意味の単語ですが、その他にもまったく別の意味として使えることのできる、ちょっと不思議だけど、よく日常会話で使われるとても便利な表現です。

  • 〜を意味する
  • 運命だ
  • いじわる
  • 平均の〜
  • (目的達成のための)手段・方法
  • 意味

ということで、今回は “mean” の意味と使い方を徹底的に押さえていきましょう。

もくじ

mean「意味する」について

まずは、動詞で使う “mean”「〜を意味する」です。実はこれが一番奥が深くてわかりにくい!

Takaのアイコン画像Taka

できるだけわかりやすく解説していきます!

“mean” のコアイメージは強調・補足・訂正ですが、その意味とニュアンスをもう少し幅広く考えてみると、「意味のあるとても大事なこと」「〜であるということ」といった感じになります。

さらに細かく解釈すると以下のようになります。

  • 〜を意味している
  • 〜ということ / どういうこと?
  • 要するに〜 / つまり〜
  • とても(意味のある)大事なこと
  • 本気です

ひとつずつ、例文と一緒に確認していきます。

「〜を意味している」の mean

「〇〇は△△という意味です」のように、何かを具体的に説明したい時に使える表現です。これが “mean” の一番ベーシックな使い方ですね。

What does this word ‘cha-han’ mean in English? It’s called ‘fried rice’.
「チャーハン」は英語でなんて言うの? フライドライスです。

The word ‘expect’ means ‘to think or believe something will happen’.
「expect」の単語の意味は、思っていたり信じていることが実際に起こること。

「〜ということですか?」「どういうこと?」の mean

相手の言っていることがわからなくて聞き返すときに使うこともできますが、怒りを表すことができる表現でもあります。

この2つの違いは、『声のトーンや強弱』です。

普通の口調であれば「どういう意味?」となりますが、怒り口調で言うと「何を言っているんだ!?」と相手が受ける印象が変わってしまうので、意識して使い分けましょう。

A: What do you mean?
A: どういうこと(意味)ですか?

B: What do you mean by what?
B: どういうことって何が?
↑これは、 “what do you mean?” と聞かれたこと自体、なぜ聞かれたのか意味がわからない時に使われます。

Do you mean this is correct?
これが正しいってことですか?

「要するに〜 / つまり〜 」の mean

前に言ったことを言い換えたり、言い間違ったことを訂正する時に使います。

「〜が言ったのは」「〜が意図したことは」「〜のつもり」といった意味も含まれています。

また、「ええと…」「つまり…」といった、すきま言葉(Filler:フィラー)としても使うことができます。

A: That would be fifty bucks in total.
A: 全部で50ドルになります。


B: Wow, that’s really cheap!
B: おぉ、それは安い!(←聞き間違っている)


A: Oh sorry, I meant, fifty dollars, not fifteen.
A: あ、すみません。(私が言ったのは)15ドルじゃなくて、50ドルですよ。

「とても(意味のある)大事なこと」の mean

とても意味のあること=大事なこと、という意味で使うことができます。

相手に感謝を伝えたい時、喜びやうれしさを表現したい時に「とても大事なこと」「助かる」といったニュアンスで使います。

Thank you so much. It means a lot to me.
ありがとうございます。私にとってはとても(意味のある)大事なことです。

「本気です」の mean

先述の「意味する」の意味やニュアンスを考慮しても、「本気」の意味で使えるイメージがしずらいですね。

実は “mean” のコアイメージに強調が含まれているので、そこから「本気」の意味として使うことができます。

A: You’re quitting a job and following your dream now? You’re already 40 years old. Are you out of your mind?
A: これから仕事を辞めて夢を追いかけるって?お前はもう40歳なんだぞ。正気なのか?


B: I mean it. I’ve always been wanted to become a comedian and make people laugh someday.
B: 私は本気です。いつかはお笑い芸人になって人々を笑わせたいといつも思っていたので。

「運命」の mean

先ほどの動詞の “mean” と関連しますが、“be meant to ~” と受け身の形にすると「〜は運命である」という意味になります。

“mean”「意味する」の意味を受け身にすると「意味される」となるので、「〜ということになっている」「〜する意図にさせられる」といった意味になります。

We’re meant to be together. (We’re meant to be.)
私たちは一緒になる運命だ。

Watching Shohei play baseball as a two-way player, I think he is meant to change the MLB history.
ショウヘイが二刀流選手として野球をするのを見ると、MLBの歴史を変える運命にあると思う。

「いじわる」な mean

“mean” は形容詞で「いじわる」という意味で使うことができます。

意地悪なことをしたり、ちょっとイジメたりする時に「〜はいじわるだ」「〜は意地悪な人だ」「〜は感じが悪い人だ」などと表現できます。

“mean” のコアイメージをネガティブに考えてみると「(他人に対して悪意のある言動や行動を)意味する、意図する」と捉えることができます。

こうやって考えると「いじわる」の意味で使えるのがイメージしやすいかも。

You are so mean to me.
あなたは私に対してとても意地悪な人だ。

What you just said was kind of mean.
さっきあなたが言ったことは、なんか感じが悪かった。

そういえば、『ミーン・ガールズ』という映画がありますが、この「ミーン」は「意地悪な」の意味になります。

「平均」の mean

“mean” は他にも、形容詞で「平均の」「平均」の意味があります。

数字的な意味の「平均」として使うので、「普通」というニュアンスの含んだ「平均」の意味では使うことができません。

Takaのアイコン画像Taka

実は、語源となった元の違う言葉が同じ英単語のつづりになってしまった、という歴史があるので “mean” には意味が複数あるんです。

見た目は同じ “mean” ですが、別の単語と考えてしまった方がわかりやすいかもしれないですね。

The mean age of students in English school is about 40 years old.
英会話スクールの生徒の平均年齢はおよそ40歳です。

「(目的達成のための)手段・方法」の means

何かを成し遂げるための「手段・方法」の意味として使えますが、つづりは “means になります。

複数形に見えますが、この形で単数形として扱います。

“a lot of means” のように複数形で使う場合でも、つづりは同じになります。

There are more than a few means of controlling coronavirus.
コロナウィルスを制御する方法はいくつもある。

He has exhausted all means.
彼はあらゆる手段を使い果たした。(=手段が尽きた)

「意味」の meaning

名詞として使う方法がありますが、その場合は “ing” がついて “meaning” となります。複数形は “meanings”

The word ‘mean’ has a lot of meanings.
「mean」 という単語はたくさんの意味がある。

What is the meaning of this word?(=What does this word mean?)
この単語の意味はなんですか?

ちょっと番外編:「それまでの間」の meantime

ここまで “mean” のたくさんの意味を紹介してきましたが、“mean” に “time” をつけて、“meantime”「それまでの間」「とりあえず」といった意味の表現になります。

使うときは以下のような使い方が一般的です。

  • in the meantime
  • for the meantime
Takaのアイコン画像Taka

“in”“for” の違いとか、細かすぎぃぃ!

これは、まぎわらしいですね。

くわしく調べみたら、“in the meantime” の方が圧倒的に使われることが多いようです。

この2つは、ニュアンスが微妙に違います。

in the meantime

「それまでの間」「そのうちに」
何かが起こるまでの間、決められた時までの間、といったニュアンス。
どちらかというと終着点が決まっている。
“meanwhile” と同じ意味。そのまま置き換えが可能。


for the meantime
「当面の間は」「さしあたっては」
しばらくの間、それなりの期間、といったニュアンス。終着点が特に決まっているわけではない。

mean の意味と使い方10つ まとめ

  • 〜という意味
  • 〜を意味している
  • 〜ということ / 〜ってどういう意味?
  • 要するに〜 / つまり〜
  • とても意味のある大事なこと
  • 本気です
  • 運命
  • いじわる
  • 平均
  • (目的達成のための)手段・方法
  • 意味

“mean” は語源が違う言葉が偶然同じつづりの英単語になっているので、いくつかの意味を持つ変わった英単語であることを押さえておく。

もくじ
閉じる