“fudge”の意味は?「お菓子」「ごまかす」など3つの表現

気になる人のアイコン画像気になる人

“fudge” って西洋のお菓子じゃなかったっけ?

そんなお悩みに答えていきます。

“fudge” と聞くと、スイーツ好きな人にとってもしかしたら馴染みがあるかもしれませんが、柔らかくて甘いキャラメルのようなキャンディー(お菓子)のことです。

ですが、キャンディを指すだけではなく、おもしろいことに全く違う意味を持っている英単語でもあります。

・キャンディ(イギリス) / チョコレートソース(アメリカ)

・ごまかす

・くそぉ!

と、いうことで今回は、スラング表現を含む “fudge” の3つの違った表現をお届けします。

もくじ

「キャンディ/ チョコレートソース」の fudge

冒頭でも触れましたが、 “fudge” といえば、バターやミルク、砂糖で作られた西洋では有名なキャンディ(お菓子)です。

読み方は『ファッジ』。

“fudge” 「ファッジ」は、19世紀のアメリカが発祥で、そこから様々な国(特に西洋圏)に広まったと言われています。

また、“fudge” 「ファッジ」はアイスクリームなどのトッピングとしても使われる、チョコレートソースを指すこともあります。hot fudge や chocolate fudge という言い方もあるようです。

Having ice cream with fudge is the best!
アイスクリームとファッジを一緒に食べるのは最高だな!

I love pouring chocolate fudge on top of chocolate cake.
チョコレートケーキの上にファッジを載せるのが大好き。

「ごまかす」の fudge

西洋のお菓子だけではなく、“fudge”「ごまかす」を意味する動詞でもあります。

本当のことを隠すために、事実や数字などを「ごまかす」時に使える表現です。

また、本当の年齢ではなく、うその年齢を言う時も “fudge” は使えます。

The company fudged its profit.
その会社は利益をごまかした。

She fudges her age because she wants people to think that she is still young.
彼女は人からまだ若いと周りから思われたいので年齢をごまかす。

「くそぉ!」の fudge

“fudge”「くそぉ!」と悔しがる時などに使えます。f*ck という言葉がありますが、 “Cuss word” “Swear word” などと呼ばれる下品で汚い言葉として、特に子どもたちの前で使うのはタブーとされているので、その代わりとして音の響きが似ている “fudge” を使うことができます。

“fudge” の他に、“frick” も f*uk の代用が可能。

Oh, fudge! I left my keys at home.
くそぉ!鍵を家に置いてきた。

Fudge! I did the same mistake again!
ちくしょう!また同じ間違いをしてしまった!

「縁を切る」 まとめ

「キャンディ/ チョコレートソース」の fudge
バターやミルク、砂糖で作られた西洋では有名なお菓子のこと。アイスクリームなどのトッピングとしても使われる、チョコレートソースを指すこともあり。


「ごまかす」の fudge
本当のことを隠すために、事実や数字などを「ごまかす」時に使える表現です。年齢を偽る時にも使える。


「くそぉ!」の fudge
悔しがる時に使える f*ck は下品で汚い言葉として、特に子どもたちの前で使うのはタブーとされているので、その代わりに “fudge” が使える。

もくじ
閉じる