【今週のおさらい】2022年10月10日〜10月15日

今週も「英語たいむ」をご覧いただきまして、ありがとうございます!

今週は、こんな内容をお届けしました。

  • 余計なお世話だから「邪魔しないで」「ほっといて」は英語で?
  • "What gives?" ってどういう意味?
  • 「水際対策」って英語でなんて言う?
  • これでバッチリ! "be supposed to ~" の意味と使い方4つ
  • "That's the last straw" ってどういう意味?
  • 「赤い目」ではない "red-eye" の意味とは?

すでに読んで頂いたものもあるかもしれませんが、忘れてしまっている英語フレーズなどありませんか?

「あれ?覚えていないかも・・・」「なんか忘れちゃった」と思う内容があったら、サクッとでもいいので復習してみてくださいね。

もし、まだ読んでいない記事などありましたら、そちらも是非読んでみてください。

もくじ

余計なお世話だから「邪魔しないで」「ほっといて」は英語で?

邪魔や干渉をされたくないのに、他人から余計なことを言われた経験はきっとあるでしょう。

そんなときに、「余計なお世話だ」や「おせっかいだ」の意味で使える「邪魔しないで」「ほっといて」の英語フレーズを3つ紹介しました。

やや強めのニュアンスで使われる表現ではあるため、使い方なども含めて確認しておいてくださいね。

"What gives?" ってどういう意味?

"What gives?" はネイティブが使うカジュアル表現。

"give" は「与える」なので、「何かくれる?」「何かもらえる?」みたいな意味に感じますが、まったく別の意味があります。

実は、「何が(そう)させるの?」「何が影響しているの?」といったニュアンスがあり、そこから転じて使われていましたね。

「水際対策」って英語でなんて言う?

コロナが大流行し始めたとき、「水際対策」という言葉をよく耳にしましたよね。

「水際対策」は、もともと「上陸してくる敵を水際で撃滅する作戦」が転じて、現在の意味として使われるようになったそうです。

とはいえ、日本語の「水際」って英語でなんて言うの??と考え出すと、ドツボにはまってしまいます。

ポイントは、「水際」を別の日本語に置き換えられれるか・・・ですね。

これでバッチリ! "be supposed to ~" の意味と使い方4つ

"be supposed to ~" はネイティブがとてもよく使うフレーズ。

学校で習う表現ではありますが、あまり使いこなせてないって人も意外と多くいます。

今回は "be supposed to ~" の主な使い方を4つ紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

"That's the last straw" ってどういう意味?

直訳すると「あれは最後のストロー」。

ただ、「ストロー」と言っても、飲み物のストローではなく「藁(わら)」のこと。

藁(わら)って、とても軽いものですよね。

そんな軽いものであっても、だんだん積み重なっていけば、いつかは・・・?

「赤い目」ではない "red-eye" の意味とは?

"red-eye" は「赤い目」という意味ではありますが、ネイティブは別の意味で使う英語フレーズ。

「赤い目」と聞いて、どんなことをイメージしますか?

花粉症?アレルギー?ドライアイ?寝不足?

色々ありそうですが、実はこの中から1つが由来となって、この英語フレーズが生まれたと言われています。

さて、どんな意味だったでしょう?

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
もくじ
閉じる