「三日坊主」を英語で言うと?実はいろいろな言い方がある!

気になる人のアイコン画像気になる人

「三日坊主」って英語でなんて言うの?
三日だから、”Three days” とか使うのかな?

そんなお悩みに答えていきます。

「三日坊主」は日本語のことわざ表現で、「あきっぽくて長続きしない」「投げ出しやすい」といった意味で使われます。

日本語のことわざ表現って、英語で言うことできるの?

と、思うかもしれませんが、実はいろいろな言い方があるんです。

・quitter

・fickle

・get bored easily

・can’t stick with anything

・find it difficult to stick with it

・give up anything no matter what I do

ことわざは日本の文化や習慣から生まれた表現なので、そのままの意味で100パーセント置き換えられるシンプルな英単語は残念ながらありません。ですが、同じような、または似たような意味として使える表現はいくつもあります。

今回は、「三日坊主」の意味として日常会話で使える6つの英単語・フレーズを紹介します。「あきっぽくて長続きしない」「投げ出しやすい」イメージを伝えたい時にはぜひ使ってみてください。

それぞれの英単語・フレーズは多少の意味やニュアンスの違いはありますが、「三日坊主」の意味として問題なく使えますので安心してください。それではいきましょう!

もくじ

quitter

“quitter” は直訳だと「やめる人」となりますが、そこから転じて「飽きやすい人」「三日坊主」という意味で使うことができます。

I’m a quitter.
私はやめてしまう人です。= 私は三日坊主です。

You are such an easy quitter!
あなたはなんて飽きやすい人だ!

“quitter” は “quit” という動詞に “er” がついた単語です。
このように、「動詞 + er」 で職業やそのスペシャリストという意味の単語になります。

sing + er = singer
play + er = player
teach + er = teacher
work + er = worker
manage + er = manager
design + er = designer
plan + er = planner

こうやって見てみると、それぞれがその分野においてのスペシャリストなわけです。
このことから、やや違和感はありますが “quitter” も「やめる人」のスペシャリストと言うことができます。

fickle

“fickle”「心変わりしやすい」「気まぐれな」「移り気な」といった「自分の忠誠心や愛情などが頻繁に変わる」ニュアンスを含んでいます。人間の心の状態をあらわす表現なので、恋人関係など、恋愛や浮気などにも使われることがあります。

She is a fickle person.
彼はよく心変わりする人だ。

He started going to the gym, but he’s never going back there after a couple of times. What a fickle guy.
彼はジムに通い始めたが、1〜2回行っただけでそれ以降は行っていない。なんて移り気なやつだ。

get bored easily

“get bored easily” は、「簡単に飽きてしまう」「飽きっぽい」という意味になります。

I get bored easily.
私は簡単に飽きてしまう。

can’t stick with anything

“can’t stick with anything” は、日常会話でよく出てくる表現です。stick は「棒状のもの」を指すだけではなく、「くっつく」「忠実である」「固執する」という意味もあり、そこから「続ける」という意味を持ちます。

I can’t stick with anything. I guess I have to change myself.
私は何も続けることができない。自分を変えないとな。

Jim can’t stick with any particular hobby long enough to become any good at it
ジムはどんな趣味でも得意になるまでの間続けられない。

stick with anything の anything を any ~ と変えることも可能。

find it difficult to stick with it

“find it difficult to stick with it” は先ほどと同様、”stick” という英単語を使った表現です。こちらは、「続けるのが難しいことがわかる」となるので「続けたい意志はあるけど、何かしらの理由でそれが困難である」といったニュアンスとなります。

She finds it difficult to stick with it.
彼女は何かを継続することは難しいと気づく。

give up anything no matter what I do

“give up anything no matter what I do” ですが、日本語としても使う give up(ギブアップ)を用いたフレーズ。この場合は、ギブアップの内容をより細かく説明することで、「三日坊主」のニュアンスにより近づけた表現になります。

give up anything だけでもある程度のニュアンスは伝わりますが、no matter what I do をつけ加えた方が「何をするにしても」と強調できるのでなお良いです。

I give up anything no matter what I do.
何をするにしてもあきらめてしまう。

「三日坊主」まとめ

・quitter
“quitter” は直訳で「やめる人」だが、「飽きやすい人」「三日坊主」という意味。
“quitter” を「やめる人」のスペシャリストと考えるといい。

・fickle
「心変わりしやすい」「気まぐれな」「移り気な」といった「自分の忠誠心や愛情などが頻繁に変わる」ニュアンス。

・get bored easily
「簡単に飽きやすい」から「三日坊主」の意味。

・can’t stick with anything
“stick” は「棒状のもの」を指すだけではなく、「くっつく」「忠実である」「固執する」という意味もあり、そこから「続ける」という意味を持つ。

・find it difficult to stick with it
「続けるのが難しいことがわかる」となるため「続けたい意志はあるけど、何かしらの理由でそれが困難である」といったニュアンス

・give up anything no matter what I do
日本語でも使われるギブアップと同じニュアンスで使える。give up の後ろに説明を加えて「三日坊主」の意味のニュアンスに近づけられる。

コメント

コメントする

もくじ
閉じる