“long story short” の意味は?「要点だけを伝える」ときの表現

気になる人

"long story short" ってどゆこと?

自分に起こった出来事を話すときに、ついつい話が長くなってしまうときってありますよね。

ただ、相手や時と場合によっては、話の概要だけ言いたいときや、要点だけを伝えたいときもあるでしょう。

そんなときに "long story short" は、よく使われます。

英語は要点から伝えて、あとから理由づけをすることも多いので、今回の英語フレーズが使えるようになると、話のまとまりが良くなりますよ。

もくじ

long story short の意味は?

"long story short" は、

  • 要は、要するに
  • 手短に言うと
  • かいつまんで話すと

こんな意味があります。

"long story short" の発音

"long story short" は、直訳すると「長い話を短く」です。

"story" の前後に、 "long" 「長い」と "short" 「短い」の相反する単語が入るので、なんとなく違和感があるかもしれませんが、難しく考えることはありません。

そのまま左から右に考えて「long な story を short にしたら = 長い話を短くまとめると」というニュアンス。

そこから「要するに」や「手短に言うと」のような意味で使われます。

Taka

基本的には文頭に "Long story short, ~" のように使われますね。

何かの説明がだらだらと長くなってしまうときや、それによって相手が退屈してしまう場合、または詳細までは話したくないときに、よく使われます。

long story short の使い方

"long story short" は、

To make a long story short

または

To cut a long story short

このように、もともとは "To + make/cut" を使った表現が使われていましたが、省略されて "long story short" だけになりました。

なので、どちらを使ってもOKです。

"To make" や "To cut" をつける場合は、 "a long story short" のように "a" が入るので、忘れないようにしましょう。

では、 "long story short" の使い方を例文で見ていきましょう。

Long story short, we ended up getting serious with one another.
手短に言うと、私たちは結局お互いに本気になった。

A: Don't you have to get ready for work today?
A: 仕事にいく支度しなくていいの?


B: Yeah..., long story short, I quit the job.
B: あぁ…。かいつまんで話すと、仕事辞めたんだ。

A: Hey, how was the big anniversary dinner last night?
A: ねぇ、昨夜の記念日ディナーはどうだったの?


B: Ah well, we never actually got to dinner.
B: ああ、それがディナーも食べなかったんだよ。


A: Ohh, that's nice.
A: おぉ、いいじゃん。


B: Ah, no no. Long story short, we broke up instead.
B: あ、いやいや。手短に言うと別れたんだ。

long story short の英語表現 まとめ

  • long story short
  • 要は、要するに
  • 手短に言うと
  • かいつまんで話すと

もともとは "To make/cut a long story short" だったのが、省略されて "long story short" だけで使われるようになった。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
もくじ
閉じる