「左と右」だけではない “left and right” の意味とは?

気になる人

"left and right" って「左と右」って意味じゃないの??

"left and right"

この英語を見たら、誰もが「左と右」という意味だと思うでしょう。

たしかに「左と右」という意味なのは間違いではありませんが、実はそれだけではない、別の意味もあるのを知っているでしょうか?

今回は「左と右」の意味だけではない "left and right" の意味と使い方についてお届けします。

もくじ

left and right の意味は?

"left and right" は、

  • あちこちで
  • いたるところで
  • そこら中

こんな意味があります。

"left and right" の発音

"left and right" は文字通り「左と右」ですが、そこから派生して「左も右も = あちこちで、いたるところで」といった意味で使われます。

他にも、「そこら中」や「片っ端から」といった日本語訳としても見かけることがあります。

Taka

あたりを見回すときに「端から端」まで見ますよね。 "left and right" はそのイメージ。

ちなみに、似ている表現に "here and there" というのがあります。

"here and there" は日本語だと「あちこちで」と訳されることが多いため、 "left and right" の置き換え表現のように使われがち。

ですが、数としては「少ない」のときに使われるため、どちらかというと「所々で」「点々と」といった意味合い、ニュアンスの方が近いです。

たとえば、 "There are vending machines here and there" は「所々に自動販売機がある」は、至るところに自暴販売機があるわけではなく、所々に、またはポツポツとあるようなイメージです。

left and right の使い方

では、 "left and right" の使い方を例文で見ていきましょう。

My kid is making a mess left and right.
うちの子があちこちで散らかしまくってる。

A lot of cars were stuck left and right because of heavy snow.
大雪のため、多くの車があちこちで立ち往生していた。

When my girlfriend and I go out together, she buys a lot of things left and right.
彼女と2人で出かけると、彼女はたくさんのものを手当たりしだいに買っていく。

こんな他の表現はいかがでしょうか?↓

left and right の英語表現 まとめ

  • あちこちで
  • いたるところで
  • そこら中

"left and right" は文字通り「左と右」。そこから派生して「左も右も = あちこちで、いたるところで」といった意味になる。

他にも、「そこら中」や「片っ端から」といった日本語訳でも使える。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
もくじ
閉じる