「トントン拍子」って英語でなんて言うの?

気になる人

「トントン拍子」って英語でなんて言うんだろう?

「勉強がトントン拍子で進む」

「トントン拍子であの人は出世をしていった」

「チーム一丸となって、トントン拍子で決勝まで駒を進めた」

このように、物事がスラスラと思い通りに進むことを「トントン拍子」と言ったりします。

では、「トントン拍子」や「順調」な様子を表す英語はなんと言うでしょうか?

日常会話で使われるネイティブ表現を見ていきます。

もくじ

「トントン拍子」は英語で?

「トントン拍子」の意味の英語は、

leaps and bounds

このように表現します。

"leaps" も "bounds"で「飛ぶ、跳ねる」といった意味があります。

このように同じ意味の別単語が使われている英語フレーズは、重複した意味の言葉を使うことでより意味を強調できるため、「トントン拍子」「飛躍的に」となるわけです。

Taka

他にも、「急成長」や「うなぎ登り」といった意味でも使われることがあります。

"leaps and bounds" の発音は「リープ バウツ」といった感じ。

"step by step" という表現がありますが、これは「1つずつ着実に」や「少しずつ」といった意味で、一歩一歩前進はしているものの、進むスピード自体はそこまで速くありません。

"leaps and bounds" は "step by step" とは比べ物にならないぐらいのスピードで前進、進行するといったイメージですね。

「トントン拍子」の英語表現の使い方

通常、 "leaps and bounds" は以下のように使われます。

by leaps and bounds

または

in leaps and bounds

前置詞の "by" または "in" が使われます。どちらを使っても意味は同じ。

ただ、前置詞を使わずに "leaps and bounds" を副詞的に用いることもあります。

では、「トントン拍子」の意味である "leaps and bounds" の使い方を例文で見ていきましょう。

I improved my English by leaps and bounds.
飛躍的に英語が上達した。

A: Our company's sales for this half of year were up to over 300% compared to last year.
A: 当社の半期の売上は、前年比300%増だと聞きました。


B: Wow, it's growing leaps and bounds.
B: おお、成長が著しいですね。

A: He couldn't beat his opponent before, but he won this time. That's amazing!
A: 以前、彼は相手に勝てなかったが、今回は勝った。すごい!


B: I've heard that he had a lot of practice and his skills improved leaps and bounds.
B: たくさん練習して、技術が飛躍的に向上したらしいよ。

「トントン拍子」の英語表現 まとめ

leaps and bounds

"leaps" も "bounds"で「飛ぶ、跳ねる」といった意味。

このように同じ意味の別単語が使われている場合、重複した意味の言葉を使うことでより意味を強調できるため、「トントン拍子」「飛躍的に」となる。

よかったらシェアしてね!
もくじ
閉じる