「倦怠期」は英語で?つらい状況・場面に使える表現

気になる人

「倦怠期」って英語でなんて言うの?

恋人や夫婦の関係性が「慣れ」や「飽き」によって、微妙な状態になったり、関係の修復が難しくなってしまうことを「倦怠期」と言ったりします。

では、「倦怠期」を英語でなんて言うでしょうか?

こういう言葉って、意外とパッと出てこないものですよね。

ということで、今回は「倦怠期・難局」の英語表現や使い方についてお届けしますので、この機会に覚えてしまいましょう!

もくじ

「倦怠期」は英語で?

「倦怠期」 は、

go through a rough patch

このように表現します。

少し長めのフレーズではありますが、「倦怠期」を表す定番の英語表現です。

この "go through a rough patch" は大きく分けて2つのパートに分けることができます。

  • go through:くぐり抜ける
  • a rough patch:デコボコした道

なので、そのまま訳すと「デコボコした道をくぐり抜ける」となるため、そこから転じて「倦怠期(の状態にいる)」となるんです。

Taka

"go through a rough patch" の "rough" は "bad" "difficult" に置き換えることもできます。

さらに、 "rough patch" を細かく見ていきます。

  • rough:ざらざら、荒れた、おおよその、大体の
  • patch:つぎあて、当て布、パッチを当てる

こんな意味があります。

Taka

"patch" は洋服の穴などを当て布で埋める「パッチワーク」の「パッチ」ですね。

この "patch" は、仲が悪くなった人との仲直りする(=穴の空いた信頼関係を埋める)ときにも使え、 "patch things up" というフレーズはネイティブがよく使うので、ぜひ覚えておきたい表現です。

"go through a rough patch" と同じ意味で使える似た表現があります。

"go through a rought patch" の代替表現
  • go through a sticky patch
  • get through a rough patch
  • have a rough patch
  • hit a rough patch

「いばらの道」の意味でも使える

"go through a rough patch" は、恋人や夫婦間に訪れる「倦怠期」という意味があると言いました。

ですが、「デコボコした道をくぐり抜ける」というのは、必ずしも恋愛・婚姻関係だけに使われるわけではありません。

  • 大変な時期、つらい時期
  • 困難な状況、場面
  • いばらの道
  • (人生の)難局

こういった意味でも使えます。

たとえば、友人のケンが就活で何社も応募しているのに内定がもらえず、つらく不運な状況にいるときに "Ken has been going through a bit of a rough patch" のように使うことができます。

"rough patch" の困難の程度ですが、「人生の難局」という意味になることもあれば、そこまで大袈裟ではない「小さな問題」という意味で使われることもあるため、文脈で判断できるようになりましょう。

「倦怠期・いばらの道」の英語表現の使い方

では、 "go through a rough patch" の使い方を例文で見ていきましょう。

Rachel and Ross are going through a rough patch.
レイチェルとロスは倦怠期の状態にいる。

Ted was left at the altar, so he must be going through a rough patch at the moment.
テッドは結婚式をすっぽかされたので、今は辛い思いをしているに違いない。

A: My business has been through a bit of a rough patch due to pandemics, but things are picking up these days.
A: 私のビジネスはパンデミックの影響で少々困難な状況でしたが、最近は回復してきています。


B: I know that's tough, but I'm glad to hear that.
B: 大変だとは思いますが、それを聞いて安心しました。

「倦怠期・いばらの道」の英語表現 まとめ

  • going through a rough patch
  • rough:ざらざら、荒れた、おおよその、大体の
  • patch:つぎあて、当て布、パッチを当てる

そのまま訳すと「デコボコした道をくぐり抜ける」となるが、そこから転じて「倦怠期(の状態にいる)」となる。

必ずしも恋愛関係だけに使われるわけではなく、下記の状況にも使える。

  • 大変な時期、つらい時期
  • 困難な状況、場面
  • いばらの道
  • (人生の)難局
よかったらシェアしてね!
もくじ
閉じる