「病院に行く」は英語で? “go to the hospital” は使わない!?

気になる人

「病院に行く」って "go to the hospital" じゃないの?

もし「病院に行く」は英語でなんて言う?と聞かれたら、

"I go to the hospital"

こう答える人が多いかもしれません。

ですが、ネイティブはこのように言わないのをご存知ですか?

しかも、 " go to the hospital" と聞くと、ネイティブはむしろ驚くことがあるそうです。

Taka

え?病院に行くって言ってるだけなのに、驚くってどゆこと?

ということで、今回はネイティブが使う「病院に行く」の英語表現と使い方、さらに "go to the hospital" のニュアンスについてお届けします。

もくじ

「病院に行く」は英語で?

「病院に行く」は英語で、

  • see a doctor
  • go see a doctor

このように表現します。

"see a doctor" の発音

"go see a doctor" の発音

"see a doctor" や "go see a doctor" は直訳すると「医者に会いに行く」ですが、これが日本語の「病院に行く」の意味で使われるんです。

Taka

日本語に比べて、英語ではより具体的に「医者に診てもらう」ことを伝えてますね。

もちろん、「病院に行く」のは「医者に診てもらう」だけではなく、身体検査や何かの検診などもありますが、一般的には "see a doctor""go see a doctor" が使われる傾向にあります。

ちなみに、 "go see a doctor" だと "go" と "see" はどちらも動詞なので、2つの動詞がとなり合うことは通常はありません。

ただ一部、例外もあります。

この "go see" は "go and see" が省略された形で、動詞が "go" や "come" の場合は動詞が2つ並んでもいい、という暗黙のルールがあるんです。

Taka

実際に "go see a movie" や "come see me" といった表現をよく耳にします。

では、「病院に行く」"go to the hospital" とするのは間違いなのか?

結論から言うと、間違いではありません。

ですが、 "go to the hospital" と聞くと、ネイティブは「深刻な病気か何かなのでは?」と思ってしまう傾向があるようです。

なので、風邪やちょっとした怪我などで病院に行くときは、 "see a doctor" や "go see a doctor" がベターなんです。

Taka

そのときの状況に応じて使い分けるのがいいですね。

また、 "see a doctor" のように、

see a + 専門家

上記の形で、「専門家のところに行ってサービスなどを受ける」といった意味で使われたりします。

たとえば、「歯医者に行く」なら "see a dentist" ですし、「弁護士に相談に行く」なら "see a lawyer" といった具合ですね。

「病院に行く」の英語表現の使い方

では、「病院に行く」を意味する英語フレーズの使い方を例文で見ていきましょう。

I saw a doctor this morning and got some medicine.
今朝、病院に行って薬をもらってきました。

Are you okay? You look sick. You should go see a doctor.
大丈夫?体調悪そうだけど。病院に行った方がいいよ。

A: I'm not feeling good today so I'm taking a day off.
A: 今日は体調が悪いから休むよ。


B: Are you okay? It would be better for you to see a doctor.
B: 大丈夫?お医者さんに診てもらったほうがいいよ。


A: Yeah, I will. I'm going to call in sick first.
A: うん、その予定。その前にまずは病欠の電話をするよ。

「病院に行く」の他の英語表現とは?

他にも「病院に行く」は英語で、

  • go to the doctor
  • go to the doctor's

こんな表現をすることもあります。

"go to the doctor" の発音

"go to the doctor's" の発音

先ほどの "see a doctor" や "go see a doctor" と同じように、「医者に会いに行く = 医者に診てもらう」です。

が、 "go to ~" の形の場合は "a doctor" ではなく、 "the doctor" が使われます。

また、 "go to the doctor's" の "doctor's" は "doctor's office" の "office" が省略されたもの。

"go to the doctor""go to the doctor's" はどちらを使ってもOKです。

I'm going to the doctor's.
病院に行く。(医者に診てもらう)

「病院に行く」の英語表現 まとめ

  • see a doctor
  • go see a doctor

「病院に行く」のは「医者に診てもらう」だけではないが、一般的には "see a doctor""go see a doctor" が使われる傾向。

"go to the hospital" は、もっとシリアスなときに使われることが多め。

  • go to the doctor
  • go to the doctor's

"go to the doctor's" の "doctor's" は "doctor's office" の "office" が省略されたもの。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
もくじ
閉じる