「フライドポテト」や「ポテトフライ」って英語じゃないの?

気になる人

「フライドポテト」や「ポテトフライ」って英語で通じないの?

「フライドポテト」「ポテトフライ」はカタカナで表記されているので、英語から来た言葉だし、英語も同じでしょ?と思うかもしれません。

たしかに、文法的に間違いはないので、全く通じないというわけではありません。多少、ニュアンスなどは伝わるでしょう。

ですが、ネイティブは違う表現を使うため、よく使われる「フライドポテト」「ポテトフライ」の英語表現を覚えておくのがオススメです。

アメリカ英語、イギリス英語で使われる表現が異なるだけでなく、カットされたポテトの形によっても英語表現が違うので、知っておくと役立つと思いますよ!

もくじ

アメリカ英語:「フライドポテト」は french fries

まず、アメリカ英語で使われる「フライドポテト」「ポテトフライ」は、

french fries

このように表現します。

"french fries" の発音

"french fries" が正式な言い方ですが、多くの人は省略して "fries" と言ったりしているので、どちらか好きな方を使えばOK!

主にアメリカやカナダなど、北米において使われる表現です。

そもそも "french fries" には、なぜ "french" がついているのか、気になりませんか?

調べてみたところ、諸説ありました。

その1つとして、現代で食べられている「フライドポテト」「ポテトフライ」は、もともとベルギー南部のナミュールというフランス語圏から生まれたもので、その当時、駐在していたアメリカ兵士たちが "french fries" と呼んだのが始まりなんだとか。

他にも、「フライドポテト」「ポテトフライ」はパリが発祥だ!という説もあったりなど、実際のところはどの説が正しいかはわかっていません。

Taka

僕自身もそうですが、「フライドポテトはアメリカが発祥」と思っていた人は多いのでは?

ちなみに、ベルギーにはフライドポテト博物館と呼ばれる、フライドポテトについての歴史が詰まった建物があるらしいです。1度行ってみたいものですね。

Do you want some french fries.
フライドポテトを食べる?

A: What would you like to order?
A: ご注文は何にしますか?


B: Can I have a cheese burger with large fries, please?
B: チーズバーガーとLサイズのフライドポテトをください。


A: Alright! The total is $13.58.
A: わかりました!お会計は13.58ドルです。

イギリス英語:「フライドポテト」は chips

まず、イギリス英語で使われる「フライドポテト」「ポテトフライ」は、

chips

このように表現します。

"chips" の発音

イギリスやオーストラリアでは、「フライドポテト」や「ポテトフライ」のことを "chips" と表現するのが一般的です。

「フィッシュ&チップス」という、白身魚のフライとフライドポテトの料理がありますが、そこでもチップス(chips)が使われていますね。

"chips" と聞くと、日本語では「ポテトチップス」を思い浮かべますよね?

これは、アメリカやカナダでも同様です。

ですが、イギリス英語・オーストラリア英語では「ポテトチップス」を "crisp" または "crisps"と表現するんです。

Taka

わかりずらいですが、これは慣れるしかありません。

This is the best fish and chips I've ever had!
今まで食べたフィッシュ&チップスの中で一番おいしい!

A: Can I get a crispy chicken sandwich with small chips and a medium drink?
A: クリスピーチキンサンドイッチとSサイズのフライドポテト、Mサイズのドリンクをください。


B: Do you want for here or to go?
B: ここでお召し上がりますか?それともお持ち帰りですか?


A: To go, please.
A: 持ち帰りでお願いします。

いろいろな種類の「フライドポテト」とは?

日本では、「フライドポテト」や「ポテトフライ」の種類は多くないのですが、アメリカを中心に特に西洋圏では、形の違うものがいろいろあります。

今回紹介するのはすべての種類ではありませんが、旅行、留学などで海外に行くと見かけることもあるはずなので、ひと通りは知っておくといいでしょう。

standard cut fries

一般的なサイズにカットされたもので、いわゆる「フライドポテト」や「ポテトフライ」と言われるものの大半がこれでしょう。

potato wedges

これは、日本でも馴染みのある「ポテトウェッジ」ですね。

英語では、 "potato wedges" と複数形で使うのが一般的です。

steak cut fries

これを初めて聞いたとき、お肉の「ステーキ」を想像するかもしれませんが、 "thick cut fries" のことで、「太めにカットされたフライドポテト」です。

shoestring fries

"shoestring" という名前のとおり、「靴ひも」のように細くカットされたフライドポテトです。

curly fries

最近、日本でも見かけるようになってきましたが、クルクルとカールしている形が特徴のフライドポテト。

crinkle cut fries

冷凍用のフライドポテトなどで意外と見かけるのが、この形かもしれません。

ただ、この形を "crinkle cut fries" と呼ぶのは知らなかった!って感じですよね。

waffle fries

その名の通り、ワッフルっぽい見た目をしたフライドポテト。

どうやってカットしてるの?とすこし気になるところですね。

tater tots

コロッとした俵型が特徴の「テイタートッツ」

あまりお店では見かけませんが、おやつ、お弁当のおかずにピッタリと最近話題になっているようですね。

sweet potato fries

さつまいもから作られたフライドポテト。

通常のじゃがいもよりもヘルシーで、味もおいしいです。

「フライドポテト」の英語表現 まとめ

アメリカ英語の「フライドポテト」や「ポテトフライ」は、

french fries

イギリス英語の「フライドポテト」や「ポテトフライ」は、

chips

いろいろな種類の「フライドポテト」一覧

  • standard cut fries
  • potato wedges
  • steak cut fries
  • shoestring fries
  • curly fries
  • crinkle cut fries
  • waffle fries
  • tatar tots
  • sweet potato fries
よかったらシェアしてね!
もくじ
閉じる