Cambly 最大42%OFFのキャンペーン実施中!
詳しくはコチラ

「怖い・恐ろしい」は英語で?ネイティブが使う表現7つ

気になる人

「怖い」や「恐ろしい」っていろいろな英語表現があるけど、表現の違いや使い分けを知りたいなぁ。

そんな疑問に答えていきます。

自分にとって何か良くないことが起こりそうで不安になることを、日本語で「怖い」「恐ろしい」「恐怖」のように表現しますよね。

日本語の言い方は色々とありますが、英語の「怖い」「恐ろしい」にも複数の表現があり、恐怖のレベルやニュアンスに応じて使い分けられています。

  1. afraid
  2. scared
  3. horrified
  4. terrified
  5. frightened
  6. freak out
  7. daunt

「怖い」には驚きや不安、怯えなども含まれているので、そのあたりの感覚の違いを使いこなせるようになりましょう。

もくじ

afraid

まずは "afraid" から。

  • 〜を恐れて
  • 〜を心配して
  • 臆病になって行動できない

こんな意味やニュアンスがあります。

"afraid" には、よからぬ事態が起こるかもしれないという「恐れ」の中に不安や焦りな気持ちが含まれており、「臆病」「気弱」といったニュアンスがあります。

"afraid" を使った表現や使い方についての記事はこちら。

I'm afraid of getting vaccinated.
ワクチンを打つのが怖い。

I'm afraid of speaking in English in front of a lot of people.
たくさんの人の前で英語を話すことが怖いな。

scared

では次に、 "scared" を見ていきましょう。

  • 怯える
  • 脅かされている

こんな意味があります。

"scared" は、"scare" 「怖がらせる」や「怯えさせる」という意味の動詞で、「何かに脅かされて縮み上がった」ようなニュアンスがあります。

I'm scared of all insects.
すべての虫が怖い。

He's scared of telling her what really happened.
彼は彼女に何があったのか話すことが怖い。

horrified

次は、 "horrified" に含まれているニュアンスです。

  • ゾッとする
  • 恐怖に強く襲われる
  • とてもショック(を受けるほどの恐怖)

"horrified""horror" の派生語で、日本語でも「ホラー映画」など「ホラー」という言葉が使われているように「強い恐怖感」「嫌悪感」などがあります。

先述した "afraid" "scared" に比べて、「怖さ」の度合いが強いです。

また、文脈によっては「とてもショック」と、気が動転する様子にも使うことができます。

I was horrified by the news of the accident.
その事故のニュースにゾッとした。

We were horrified to hear of her death.
私たちは彼女に死にショックを受けた。

terrified

"horrified" に似た単語に "terrified" があります。

  • 恐れ慄(おのの)く
  • 恐怖に襲われた

こういった意味やニュアンスがあります。

"terrified" は恐怖で「すくみ上がっている」様子を表しているので、 "horrified" の「ホラー」とは異なるニュアンスとなります。

I'm terrified that I was robbed at gunpoint.
私は銃を向けながら襲われて恐怖ですくみ上がった。

A: I'm so terrified that my father might find out my secret.
A: 父親が私の秘密を見つけてしまうかもしれないと恐怖に襲われた。


B: I feel you, but you have to tell him who you really are.
B: わかるよ。でも、本当のあなたがどんな人なのか彼に言わないとね。

frightened

他にも「怖い・恐ろしい」の表現で "frightened" があります。

  • (心配で)怯える
  • ギョッとする
  • 驚愕する

このように「怯える」という意味が根本となっていて、突然のでき事で恐怖に陥るという、驚きも加わっているようなニュアンスです。

She gets frightened when her boss shouts at her.
彼女は上司から怒鳴られてギョッとした。

A: I was frightened that you would fall from there.
A: そこからあなたが落ちないか心配で怯えたよ。


B: That was totally fine though.
B: 全然大丈夫だったけどね。

freak out

「怖い」のスラング表現で "freak out" があります。

この表現は若者がよく使うフレーズですが、

  • ビビる
  • パニックになる

パニック状態になるぐらい「恐怖」「驚き」を感じたとき、心臓が飛び出そうなときに使えます。

さらに、恐怖を感じているときだけでなく、「焦り」「動揺」のパニック状態にも使えます。

"freak out" の詳しい使い方やそれ以外の「ビビる」の表現についての記事はこちら。

I'm totally freaked out.
私は完全にパニクった。

A: (approaching quietly) Boo!
A:  (こっそり近くに来て)わっ!


B: Oh god, you freak me out.
B: うわっ、ああびっくりしたぁ。

daunt

最後に "daunt" です。

これまで紹介したきた「怖い」の英語表現の中でも馴染みがないかもしれませんが、主に小説や物語、ゲーム内のテキストなどで文語的に使われることが多い表現です。

  • (相手を)ひるませる
  • 威圧する
  • おじけさせる

このような意味があり、「怖い」「心配」という気持ちに加え、「脅かす」「服従させる」といったニュアンスを含むことがあります。

発音は、無理やりカタカナで表記すると『ドーント』となります。

daunt[dɔ'ːnt]

"daunt" は動詞で、その派生語に "daunting" という形容詞があります。

Technology gets more daunting.
テクノロジーはますます威圧するようになっている。

The task ahead was daunting, but the guy felt up for it.
困難な作業だったが、彼はその気になっていた。

「怖い・恐ろしい」の英語表現6つ まとめ

  1. afraid
  • 〜を恐れて
  • 〜を心配して
  • 臆病になって行動できない

「臆病」「気弱」といったニュアンス。

  1. scared
  • 怯える
  • 脅かされている

「何かに脅かされて縮み上がった」ようなニュアンス。

  1. horrified
  • ゾッとする
  • 恐怖に強く襲われる
  • とてもショック(を受けるほどの恐怖)

「強い恐怖感」「嫌悪感」といったニュアンス。

"afraid" "scared" に比べて「怖さ」の度合いが強め。

  1. terrified
  • 恐れ慄(おのの)く
  • 恐怖に襲われた

恐怖で「すくみ上がっている」様子を表しているので、 "horrified" の「ホラー」とはやや異なるニュアンス。

  1. frightened
  • (心配で)怯える
  • ギョッとする
  • 驚愕する

「怯える」に加え「驚き」も加わっているようなニュアンス。

  1. freak out
  • ビビる
  • パニックになる

「恐怖」「驚き」「焦り」「動揺」などのパニック状態に使える。

  1. daunt
  • (相手を)ひるませる
  • 威圧する
  • おじけさせる

「怖い」「心配」という気持ちに加え、「脅かす」「服従させる」といったニュアンスを含む。

よかったらシェアしてね!
もくじ
閉じる