「ビビる」「チキる」「びくびくする」は英語で?

気になる人のアイコン画像気になる人

「ビビる」って英語で言いたいんだけど、パッと出てこないなぁ。

そんなお悩みに答えていきます。

「ビビる」は日本語で「怖がる」「びくびくする」「怖気づく」といった意味で使われます。恐怖の意味も当然含みますが、どちらかというと緊張や心配、気持ちの高まりなどからくる気持ちや感情を表します。

学校で課題の発表があってビビっている。

会社のプレゼンをしなくてはいけなくてビビっている。

あいつ、ビビりだな。

このように、「ビビる」は日常的によく出てきます。

と、いうことで今回は「ビビる」の意味として日常会話で使える5つの英単語・フレーズを紹介します。

緊張や心配、気持ちの高まりから「ビビった」時に使えますよ。

・chicken out

・freak out

・startled

・scared

・get nervous

それぞれの英単語・フレーズには微妙なニュアンスの違いがありますが、基本的には「ビビる」の意味で使えます。

もくじ

chicken out

"chicken out" ですが、日本語でも同じような感覚で使っています。

例えば、大きな決断ができずに臆病になっている人に、

「チキる」

「おまえ、チキンだな」

といった表現があります。

実をいうと、英語でも "I'm chicken" という言い方があり「私は臆病者だ。」という意味になります。

"chicken out" はそういったニュアンスで使う表現。

このように英語には食べ物をベースにした表現が多くあり、日本語の「チキる」という言葉が生まれたのも英語が由来担っているんだと思います。

I usually chicken out when I speak up in public.
普段から公共の場で大きな声で話すことにチキってしまう。

He chickened out because he didn't have enough brave to let her know how he feels.
彼は好きな人に気持ちを伝える勇気がなくてビビってしまった。

freak out

"freak out" は「パニックになる」といった強い恐怖や不安・驚きなどの状態を表すことから「ビビる」の意味として使うことができます。

また、"freak out" には「動揺する」「激怒する」といった意味で使うこともできます。

"freak out" は大きく2通りの文章の作り方があります。

■主語自体が「ビビっている」状態の場合
【例】I'm freaking out.(私はビビっている)

この場合、主語の「I」である『私』自身が「ビビっている」状態になっています。

■主語が何かの対象を「ビビらせている」状態の場合
例】That freaks me out.(それは私をビビらせる = 私はそれにビビります。)

この場合「You」が主語で、その「You」が「me」という対象を「ビビらせている」となります。

He just got freaked out with bad news.
彼は悪い知らせでビビった。

You are freaking me out!
あなたは私をビビらせている!= ビビらせないでよ!

startle

"startle" は「びっくりさせる」「怖がらせる」「驚かせる」という意味の単語で、「恐怖」と「驚愕」が混在した状況に使える英単語。

"surprise" と同じように使うこともできます。

You startled me.
あなたは私をびっくりさせた。= 私はあなたにビビった。

A big noise startled birds and they run away.
大きな騒音は鳥たちをビビらせたので、彼らはどこかに行ってしまった。

scared

"scared" は「怖い」という意味の英単語ですが、そもそも「ビビる」には恐怖の意味が込められているので、「ビビる」という意味として使うこともできます。

I'm scared of my boss.
私は上司にビビっている。

I'm too scared to do anything about it.
私は臆病で何もできない。

get nervous

"get nervous" は本来「緊張する」という意味を持つ表現なので、緊張した場面などで「ビビる」感覚や感情を持つときに使うことができます。

She gets nervous about giving her presentation.
彼女はプレゼンについてビビっている。

「ビビる」「チキる」「びくびくする」は英語で まとめ

  • chicken out

"chicken out" は日本語の「チキる」と同じように使うことができる。

  • freak out

"freak out" 「パニックになる」のように、強い恐怖や不安・驚きなどの状態を表すときに使い、そこから「ビビる」の意味になる。また、"freak out" には「動揺する」「激怒する」といった意味で使うこともできる。

  • startle

"startle"「恐怖」と「驚愕」が混在した状況に使える英単語。 "surprise" と同じように使うこともできる。

  • scared

元々は「怖い」という意味の英単語ですが、「ビビる」としても使える。

  • get nervous

緊張した場面などで「ビビる」感覚や感情を持つときに使える。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

もくじ
閉じる