【徹底解説】 “I’m afraid ~” の意味と使い方7つ

気になる人

"I'm afraid ~" って使い方がイマイチ理解できていないかも。

そんな悩みに答えていきます。

"I'm afraid ~" はよく見かける表現ですが、意味や使い方を理解できていますか?

「怖い・恐れる」「残念ながら〜」のように、いろいろな意味があるのは何となく知っていても、どうやって使い分けていいか、意外と曖昧になってしまっているものです。

押さえておくべきポイントは、 "I'm afraid ~" は 後ろにくる言葉によって意味が変わってくること。

大きく分けると、2種類のフレーズがあります。

  • I'm afraid + 前置詞
  • I'm afraid (that) ~

前置詞がつくパターン、 "that" やその他の言葉が続くパターンとなり、これらを含めて "I'm afraid ~" 使い分けを全部で7つ解説していきます。

知らなかった表現やフレーズ、それぞれの違いを知らずに使ってしまっていた方は、ぜひ参考にしてくださいね。

もくじ

I'm afraid + 前置詞

まずは、 "I'm afraid + 前置詞" のフレーズから。

このフレーズで使われる表現は全部で3つあります。

  1. I'm afraid of ~
  2. I'm afraid to ~
  3. I'm afraid for ~

順番に見ていきますね。

I'm afraid of ~ の意味:「〜が怖い」

"I'm afraid of ~" は、

  • 〜が怖い
  • 〜を恐れる

このような意味があります。

この表現には、「〜が起こってしまうのが怖い」や「〜が起こることを恐れる」という焦りや心配のニュアンスが含まれているんです。

このフレーズの基本形は、

I'm afraid of 名詞

または

I'm afraid of 動詞の原形 + ing

"of" のうしろは名詞または動名詞(動詞 + ing)がきます。

"I'm afraid of speak English in public." のように、動詞の原形を持ってきてしまうのは間違いです。ここは "speaking" にする必要があるので、気をつけましょう。

I'm afraid of making mistakes.
間違えてしまうのが怖い。

I'm afraid of heights.
高所恐怖症です。(高いところが怖いです)

A: What are you afraid of the most?
A: 何が一番怖いですか?


B: I'm afraid of my mom the most.
B: 母親が一番怖いよ。

I'm afraid to ~ の意味:「怖くて〜したくない」

"I'm afraid to ~" は、

  • 怖くて〜したくない
  • 怖くて〜できない

このような意味があります。

この表現には、「〜することが怖いので、したくない」という恐怖のニュアンスが含まれているんです。

さきほどの "I'm afraid of ~" と意味が似ていますが、まとめると違いは以下のとおり。

  • I’m afraid of ~ :『心配・焦り』の怖い
  • I'm afraid to ~:『恐怖』の怖い(可能な限りやりたくない)
Taka

「怖い」という言葉は幅広いので、この違いを覚えておくといいですよ!

I'm afraid to speak English.
英語を話すのが怖い。

He was shy and afraid to talk to girls, but not anymore.
彼はシャイで女の子に話すことが怖くてできなかったが、今は違う。

I'm afraid for ~ の意味:「〜の安否を気づかう」

"I'm afraid for ~" は、

  • 〜の安否を気づかう
  • 〜が安全かどうか心配する

このような意味があります。

"I'm afraid of ~" や "I'm afraid to ~" に比べると使われる頻度は低めですが「〜の安否を気にかける」といった意味合いがあります。

"be worried about" で言い換えることができますよ。

My wife and I are afraid for our children.
妻と私は子どもたちの安否を心配している。

Some people are afraid for their jobs because robots will replace humans in the workplace.
ロボットが人に変わって仕事をするようになるので、人によっては今の仕事が安全かどうか心配している。

I'm afraid (that) ~

では続いて、 "I'm afraid (that) ~" のフレーズです。

このフレーズで使われる表現は全部で4つあります。

  1. I'm afraid that ~
  2. I'm afraid to say that ~
  3. I'm afraid so.
  4. I'm afraid not.

順番に見ていきますね。

I'm afraid that ~ の意味:「残念ながら〜と思う」

"I'm afraid that ~" は、

  • 残念ながら〜と思う
  • 恐れ入りますが〜です

このような意味があります。この場合の "afraid" には「怖い・恐れる」といった意味はありません。

この "I'm afraid that ~" は、以下の場面でよく使われます。

  • 相手に悪い知らせを伝える場合
  • 相手の意見を否定するとき
Taka

相手に言いづらいこと、ネガティブな内容を丁寧に伝えたいときに使える表現ですね。

「〜と思う」は "I think that ~" を使うこともできますが、 "I'm afraid that ~" はより丁寧な響きになるので、ビジネスの場面で使うこともできますよ。

I'm afraid that your son is dead.
残念ながら、あなたの息子さんが亡くなりました。

I'm afraid that I can't attend the dinner party tonight.
恐れ入りますが、今夜の食事会は出席できません。

I'm afraid to say that ~ の意味:「申し上げにくいのですが〜」

"I'm afraid that ~" に似ていますが、 "I'm afraid to say that ~" というフレーズもあります。

  • 申し上げにくいのですが〜
  • 申し訳ありませんが〜
  • 恐れ入りますが〜

このような意味があります。 "I'm afraid that ~" と使い方は同じです。

I'm afraid to say that we're all booked up on that night.
申し訳ありませんが、その日の夜は予約が一杯でございます。

I'm afraid to say that your nose hair is out.
申し上げにくいのですが、あなたの鼻毛が出ています。

I'm afraid so. の意味:「残念ながらその通りです」

"I'm afraid so." は、質問の答えで使えるフレーズ。

  • 残念ながらその通りです
  • 不本意ながらそのようです

このような意味があります。 ここでの "so" はすでに出てきた内容について「そのような」「そう」という意味があります。

相手の質問に対して、事実ではあるけれど肯定しずらいときに、残念な気持ちを込めて相手に伝える感じで "Yes" の代わりに使える丁寧な表現です。

ややカジュアルな表現で "Fraid so" が使われるときがあります。

A: Are we late?
A: 我々は遅刻ですか?


B: I'm afraid so.
B: 残念ながらそのようです。

A: Are the tickets already sold out? I was looking forward to seeing the Olympic games.
A: もうチケットは売り切れですか?オリンピックの試合を見るのを楽しみにしていたのに。


B: I'm afraid so. I'm really sorry.
B: 残念ながらそのようです。 申し訳ありません。

I'm afraid not. の意味:「残念ながら違います」

"I'm afraid not." は、 先ほどの "I'm afraid so." の逆パターン。

  • 残念ながら違います
  • 不本意ながら無理です

このような意味があります。

こちらも "I'm afraid so." のときと同様に、相手の質問に対して答えにくいことや、断りづらいときに、残念な気持ちを込めて謙虚に相手に伝える感じで "No" の代わりに使える丁寧な表現

また、 "I'm afraid not" とかなり似た表現の "I'm not afraid" だと「〜は怖くない」や「〜は恐れない」のように、"afraid" を否定する形となってしまうため意味が変わってしまいます。 "not" の位置に気をつけましょう。

"I'm afraid not" は "I don't think so" に置き換えることができますよ。

A: I hope it will be a holiday tomorrow.
A: 明日休みだといいけどな。


B: I'm afraid not.
B: 残念ながら休みになりませんね。

A: Hi Ross, how about getting a drink tonight?
A: ねぇ、ロス。今夜一杯どう?


B: I'm afraid not. I'm going to have dinner with Rachel tonight.
B: 残念ながら無理です。今夜はレイチェルとディナーの約束があるので。

I'm afraid but ~ は間違い

"I'm afraid but ~" という表現は、間違い表現です。

日本語で「申し訳ありませんが〜」の意味につられて、逆説の "but" を入れてしまう人がいますが、自然な表現ではないのでネイティブは使いません。

「申し訳ありませんが〜」と言いたい場合は "I'm sorry but ~" なら使えます。

I'm afraid ~ の意味と使い方7つ まとめ

  • I'm afraid of ~
  • 〜が怖い
  • 〜を恐れる

「〜が起こってしまうのが怖い」や「〜が起こることを恐れる」という焦りや心配のニュアンス

  • I'm afraid to ~
  • 怖くて〜したくない
  • 怖くて〜できない

「〜することが怖いので、したくない」という恐怖のニュアンス

  • I'm afraid for ~
  • 〜の安否を気づかう
  • 〜が安全かどうか心配する

「〜の安否を気にかける」といった意味合い。

  • I'm afraid that ~
  • 残念ながら〜と思う
  • 恐れ入りますが〜です

相手に言いづらいこと、否定的な意見など、ネガティブな内容を丁寧に伝えたいときに使える表現。

  • I'm afraid to say that ~
  • 申し上げにくいのですが〜
  • 申し訳ありませんが〜
  • 恐れ入りますが〜

"I'm afraid that ~" と基本的に使い方は同じです。

  • I'm afraid so.
  • 残念ながらその通りです
  • 不本意ながらそのようです

"Yes" の代わりに使える丁寧な表現。

  • I'm afraid not.
  • 残念ながら違います
  • 不本意ながら無理です

"No" の代わりに使える丁寧な表現

よかったらシェアしてね!
もくじ
閉じる