【和製英語】「SNS」って英語じゃないの?ネイティブが使う表現とは?

気になる人

「SNS」って英語でしょ?

「インスタグラム映えの写真を投稿する」

「Tik Tokでバズった動画を見る」

「ツイッターで気になる人のツイートをチェック」

こんな風に、私たちの生活に「SNS」は欠かせなくなりました。

見てのとおり「SNS」は英語の文字表記なので、「英語でしょ?」と思うかもしれまんが、実はネイティブたちは "SNS" と使いません。

ネイティブが「SNS」の意味で使う英語表現と使い方について見ていきます。

もくじ

「SNS」は英語で?

「SNS」の意味の英語は、

social media

このように表現します。

この "social media" に含まれる代表的なものは、

  • YouTube(ユーチューブ)
  • Instagram(インスタグラム)
  • Twitter(ツイッター)
  • Tik Tok(ティックトック)
  • Facebook(フェイスブック)
  • LINE(ライン)
Taka

主に日本で使われているサービスを挙げてみました。

これらを総合して、 "social media" と呼びます。

"social media" にどんなものが含まれるかという明確な定義はないらしいですが、「ネットワークやコミュニティを通じて、情報やアイデアを共有、交友関係を構築するもの」といった解釈が一般的。

"social media" の発音

ちなみに、 「SNS」は省略された言葉というのはご存知ですか?

「SNS」は "Social Networking Service" または "Social Networking Site" の頭文字をとったもの。

細かいかもしれませんが、英語で "SNS" という略語は使われませんが、上記の略さない名称は英語で使われることがあります。

"social media" の方がよく使われている自然な表現ではありますが、会話の中で "social networking service" または "social networking site" と言ってもネイティブに伝わります。

ただし、「SNS」が英語で通じないのと同じように、 "social media" を "SM" と言ったりはしないんです。

Taka

なんか別の意味で誤解を生みそうですね。笑

「SNS」の英語表現の使い方

では、「SNS」の意味で使う "social media" の使い方を例文で見ていきましょう。

I spend a lot of time checking social media.
SNSをチェックする時間が多い。

People who have got famous on social media are called influencers these days.
SNS上で有名になった人たちを、最近はインフルエンサーと呼んでいます。

I'm likely to see other people's posts on social media rather than posting myself actively.
SNSでは自分が積極的に投稿するよりも、他の人の投稿を見ることが多いですね。

A: Have you seen the video that is going viral on social media lately?
A: 最近、SNSでバズってる動画見た?


B: Which platform are you talking about?
B: どのプラットフォームのこと言ってるの?(どのSNSのこと言ってるの?)

「SNS」の英語表現 まとめ

social media

「SNS」は "Social Networking Service" または "Social Networking Site" の頭文字をとったもの。ただ、「SNS」という略語は英語で通じない。使うときは略さずに。

同じように、 "social media" を "SM" と言ったりしない。

よかったらシェアしてね!
もくじ
閉じる