“Let’s bounce” ってどういう意味?

気になる人

"Let's bounce" って?バウンスってなに?

"Yo, let's bounce!"

以前、アメリカ出身の同僚からこう言われたことがあります。

"bounce(バウンス)" の意味はかろうじて知っていたのですが、直訳すると「なぁ、飛び跳ねようぜ!」となるため、僕は「え?急に何?」と戸惑ってしまいました。

このように、今回の英語フレーズは直訳の意味で使われないスラング表現です。

ということで、 "Let's bounce" の意味と使い方についてお届けします。

もくじ

Let's bounce の意味は?

"Let's bounce" は、

  • もう行こう
  • 帰ろう
  • ここを出よう

こんな意味があります。

"Let's bounce" の発音

"bounce" は「飛び跳ねる」や「弾む」といった意味があり、そこから "Let's bounce" で「(その場を)去る、立ち去る、出て行く」という意味で使われます。

昔、バウンスボール(または、スーパーボール)というゴムボールが、子どもたちの間でブームになったのを知っていますか?この「バウンス」は "bounce" から来ています。

厳密には "bounce ball" ではなく、英語では "bouncy ball" と呼ばれています。

ちなみに、 "Let's bounce" と同じような意味で使える他の英語フレーズがあります。

"Let's bounce" に置き換えできる表現
  • Let's go
  • Let's roll
  • Let's head out
  • Let's hit the road
  • Let's get out of here
Taka

たくさんありますね。

上記の置き換え表現は、いずれもカジュアルな響きのある英語フレーズ。

日常会話で友人や家族に使うのはいいですが、ビジネスなどで上司や目上の人に使うのはあまり向いていません。

相手との交流関係が友人のように良好であれば、使っても問題ないでしょう。

Let's bounce の使い方

では、 "Let's bounce" の使い方を例文で見ていきましょう。

This place is boring. Let's bounce!
この場所は退屈だな。行こうぜ!

A: This place sucks. We've been waiting for an hour to get our table even though we made a reservation.
A: この店は最悪だ。予約していたのに1時間も待たされている。


B: Tell me about it. Let's bounce. This is waste of time.
B: 本当だよ。もう行こう!時間の無駄だよ。

A: Are you going to bounce?
A: もう帰るの?


B: Yeah, I have an early morning tomorrow, so I have to go to bed early.
B: ああ、明日は朝が早いから早く寝ないとね。


A: Alright, bro. Take it easy.
A: わかったよ。またな。

Let's bounce の英語表現 まとめ

  • Let's bounce
  • もう行こう
  • 帰ろう
  • ここを出よう

"bounce" は「飛び跳ねる」や「弾む」といった意味があり、そこから "Let's bounce" で「(その場を)去る、立ち去る、出て行く」という意味で使われる。

"Let's bounce" に置き換えできる表現
  • Let's go
  • Let's roll
  • Let's head out
  • Let's hit the road
  • Let's get out of here
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
もくじ
閉じる