【スラング表現あり】「ごまをする・媚びる・ヨイショする」は英語で?

気になる人

「ごまをする」や「媚びる」って英語でなんて言うの?

そんな疑問に答えていきます。

上司に「ごまをする」

目上の人に「媚びを売る」

先輩を「ヨイショする」

など、自分よりも位が上の人に対して、お世辞を言って自分が気に入られるように振る舞うこと、またはそういうことをする人を表す日本語は意外と多くあります。

英語の「ごまをする」「媚びる」のフレーズも意外と多くあり、中にはネイティブがよく使うスラング表現もあります。

ということで、今回はお世辞に関する英語表現を3つ紹介します。

もくじ

「ごまをする・媚びる・ヨイショする」の butter up

"butter up" は、

  • ごまをする(お世辞を言う)
  • 媚びる
  • ご機嫌をとる

このような意味やニュアンスがあり、お世辞を言う意味のフレーズとしてよく使われます。

"butter up" の "butter" は乳製品の「バター」のことですが、なぜ "butter" が使われているのでしょうか。

一説には、「バターをパンの上に乗せて、広げながら塗る。そうするとパンがよりおいしくなり、食べる人が満足感を得られる」というのが語源だと言われています。

Taka

この「バター」が「相手が喜ぶような言葉=お世辞」を意味するわけですね。

"butter up" を使うときは、

butter up someone

または

butter someone up

"butter" と "up" の間に対象となる「誰」を入れることもできます。

He butters up his boss all the time.
彼は上司にいつも媚びている。

A: Hey dad, you're the coolest guy in my life.
A: ねぇ父さん、父さんは私の人生で一番かっこいいよ。


B: Don't butter me up. What do you want?
B: お世辞はやめなさい。なにか魂胆があるんだろ?

「ごまをする・媚びる・ヨイショする」の suck up

次は "suck up" は、

  • 媚びる
  • ご機嫌をとる

このような意味やニュアンスがあります。

"suck" は「吸う・しゃぶる」という意味ですが、スラング言葉で「ひどい・最悪」といった意味でも使われます。

さらに "suck it up" は「我慢しろ」という意味になるので、「嫌なことを吸い込んで我慢する」といったニュアンスがあるんです。

やりたくないことだけど、何かを達成するために我慢してお世辞を言う、といった感じですね。

Taka

"butter up" は「他人を喜ばせる」、 "suck up" は「自分が我慢する」のイメージ。

実際に会話で使うときは、

suck up to someone

"suck up to" のうしろにお世辞を使う対象者を入れます。 "suck up to my boss" といった感じですね。

A: Omg, he offered to take all the work home. Why?
A: うわぁ、彼がすべての仕事を家に持ち帰るって言い出したよ。なんでだろう?


B: Oh, I guess he's just sucking up to the boss
B: あぁ、おそらく上司に媚びてるんだろう。

A: You don't have to suck up like this. The guy is just using you.
A: 媚びを売ることないよ。あいつはあなたをただ利用してるだけ。


B: I know, so I will get back at him at some point.
B: わかってる。だからいつか彼に仕返しするつもりだ。

「ごまをする・媚びる・ヨイショする」の kiss one's ass

"kiss one's ass" というスラング表現もあります。

  • ごまをする
  • おだてる
  • ヨイショする

"kiss one's ass" は直訳すると「〇〇の尻にキスをする」となりますが、それぐらいなんでもやる、どんなことでもその人を褒めたり、持ち上げるといった意味やニュアンスがあります。

やや下品な表現ですが、実際にネイティブは日常会話でよく使います。

また、 "Kiss my ass!" だけだと、

  • ふざけるな!
  • くそくらえ!
  • 勝手にしろ!
  • 消え失せろ!

直訳で「私の尻にキスをしろ」ですが、それぐらい屈辱的なことでもしてろ!という意味やニュアンスで使われます。

怒りの度合いが強く、ばかにするなよ!と言いたいときに使うフレーズですが、頻繁に使うのはあまり宜しくない表現だとされているので、使う頻度には十分気をつけましょう。

He kissed his boss's ass in order to become a manager and got promoted.
彼はマネージャーになるために上司にごまをすって昇進した。

A: What does he expect me to do?
A: 彼は何を私に期待してるんだろう?


B: Probably kiss his ass?
B: おだてたりとかかな?


A: No, I won't kiss his ass no matter what.
A: やだよ、何があってもヨイショなんかしない。

Some annoying guy tried hitting on me at the bar, so I told him to kiss my ass and walked off.
なんかウザい男がバーで私にナンパをしてきたので、くたばれと言って立ち去ったんだ。

apple を使った表現もある

最近ではあまり使われていない表現ですが、

"apple polish"

"apple polisher"

にように、「りんごを磨く(人)」から「ごまをする・媚びる・ヨイショする」という意味のフレーズとして使われています。

"apple" を 使った他の表現はこちら。

こんな記事もあります。

「ごまをする・媚びる・ヨイショする」の英語表現 まとめ

  • butter up
  • ごまをする(お世辞を言う)
  • 媚びる
  • ご機嫌をとる
  • suck up
  • 媚びる
  • ご機嫌をとる
  • kiss one's ass
  • ごまをする
  • おだてる
  • ヨイショする

"Kiss my ass!" だけだと、

  • ふざけるな!
  • くそくらえ!
  • 勝手にしろ!
  • 消え失せろ!
よかったらシェアしてね!
もくじ
閉じる