「泡立て器・おたま・フライ返し」は英語で?キッチン用品の英語表現

気になる人のアイコン画像気になる人

「泡立て器、おたま、フライ返し」などのキッチン用品の英語表現ってなんて言うの?

そんな疑問に答えていきます。

「泡立て器、おたま、フライ返し」を英語でなんと言うかわかりますか?

こうやって言われると、意外とピンとこないものです。

このように、日常生活に身近なモノほど、英語でどう表現するのかわからなかったりします。キッチン用品などもそのひとつだと思います。

と、いうことで、今回は「泡立て器、おたま、フライ返し」といったキッチン用品を一覧で紹介していきます。

もくじ

まず「キッチン用品」は英語で?

まずは冒頭の「泡立て器、おたま、フライ返し」を英語表現の前に、「キッチン用品」は英語でなんと言うか?を押さえておきましょう。

ここで言う「キッチン用品」はキッチン家電を含む調理器具全般のことを指しますが、英語では “kitchen utensils” です。

他にも、”kitchen tools” “kitchen equipment” といった言い方があります。

I need to buy the whole kitchen utensils soon.
すぐにキッチン用品を買う必要がある。

「キッチン用品」一覧

それでは、「泡立て器、おたま、フライ返し」を含む「キッチン用品」の英語表現の一覧にしておきます。

栓抜きbottle opener / corkscrew
缶切りcan opener / tin opener
まな板cutting board / chopping board
食器洗浄機dishwasher
電気ケトルelectric kettle
料理用はかりfood scale / kitchen scale
フライパンfrying pan
おろし器 / おろし金grater
やかんkettle
包丁(kitchen) knife
おたまladle
計量カップmeasuring cup
計量スプーンmeasuring spoon / tablespoon
皮むき器 / ピーラーpeeler
(底が深めの)鍋pot
圧力鍋pressure cooker
炊飯器rice cooker
コンロstove
フライ返し、へらspatula / turner / flipper / fish slide
トングtongs
泡立て器whisk / egg beater / mixer
中華鍋wok / Chinese frying pan

栓抜き bottle opener / corkscrew

一般的に「栓抜き」は “bottle opener” です。これさえ覚えておけば色々な栓抜きに対応できます。

ちなみに、ワインなどのコルク栓抜きは “corkscrew” と言います。

缶切り can opener / tin opener

“can” は助動詞の「できる」の意味以外に、日本語の「缶」の意味になります。

イギリスやオースラリアでは、「缶」のことを “tin” と呼ぶので、 “tin opener” という言い方もあります。

まな板 cutting board / chopping board

“cut”“chop” といった「〜を切る」から、名前がつけられています。

“chop” は、大きな木などを「ぶった切る」と行った意味や、野菜や肉を細かく「みじん切り」にするといった意味もあります。

食器洗浄機 dishwasher

「食器(dish)を洗うもの(washer)」から来ている言葉。もう、語源はそのままですね。

ちなみに「食洗機で洗える」“dishwasher-safe” となります。

電気ケトル electric kettle

“kettle” だけだと「やかん」の意味となるため、日本語で使っている「ケトル」の意味にはなりません。「電気」を意味する “electric” をつけましょう。

また、昔からある電気ポットのことも “electric kettle” となってしまいますが、電気ケトルと区別をつけたければ、 “thermo pot” “hot water dispencer” という言い方もアリです。

料理用はかり food scale / kitchen scale

“scale”「はかり」「体重計」を指すので、食べ物用、キッチン用という意味を加えると「料理用はかり」になります。

最近では「デジタル表示の料理用はかり」がありますが、これは “digital food scale”“digital kitchen scale” といった具合になります。

フライパン frying pan

単語のつづりに注意! “flying pan” だと「飛んでいるなべ」となってしまいます。

“frying” は辞書だと「揚げる」と出てくることもありますが、正確には「油で炒める」の意味になります。

ちなみに、「揚げる」は、“deep-fry” と言います。

おろし器 / おろし金 grater

“grate”「すりおろす」の意味になるので、”r” をつけて「すりおろすもの」→「おろし器」となります。

ちなみに、日本語の「とても良い」を意味する “great” はつづりが似ているので注意です!

“grate” と “great” の発音はまったく同じ。

やかん kettle

電気ケトルでも言いましたが、「やかん」は “kettle” です。

そもそも日本で使われている「やかん」と西洋圏でよく見かける「ケトル」は形が違っているいるものの、お湯をわかすものとして使われることから、特に区別することなく “kettle” となっているようです。

包丁 (kitchen) knife

一般的な包丁は “knife” です。”kitchen” をつけるとわかりやすいですが、つけなくても大丈夫です。

基本的には、どんな包丁でも “knife” で通じますが、いろいろな種類の包丁の言い方も紹介しておきます。

パン専用の包丁:bread knife

小さい包丁:petit knife

刺身包丁:sashimi knife

薄刃包丁 / 菜切り包丁:rectangular-shaped thin-bladed knife

出刃包丁:broad-bladed knife

牛刀:butcher knife

鋼包丁:steel knife

セラミック包丁:ceramic knife

ステンレス包丁:stainless knife

おたま ladle

“ladle”「おたま」の他に、「おたまを使ってよそう」という意味の動詞としても使えます。

過去形、過去分詞形は “ladled”

計量カップ measuring cup

“measure” は「計量」「はかる」のように名詞や動詞で使える単語です。

計量スプーン measuring spoon / tablespoon

先ほどの計量カップと同様の考え方でいけばわかると思います。

他にも、 “tablespoon” という表現もあります。

“tablespoon” はそもそも食卓で食事の時につかう「大きめのスプーン」のことをですが、その他に「料理を取り分けるためのスプーン」の意味もあり、料理で容積を表すのに使われていることから「計量スプーン」の意味としても使われています。

また、西洋圏では「大さじ」や「小さじ」のことを “tablespoon” “tea spoon” と表現することが多くあります。

おそらく、どの家庭にもある “tablespoon” “tea spoon” で表現した方がわかりやすく、わざわざ計量スプーンを買わなくても良い、というのがあるのかもしれないですね。

皮むき器 / ピーラー peeler

「ピーラーは」日本語でも言いますが、“peel”「皮をむく」の意味があります。

“peel” は野菜や果物の他にも、人間や動物の皮にも使えます。

また、”peel off” で「はがす」という意味になりますが、皮だけではなく何かくっついているものをはがす時にも使えます。

(底が深めの) 鍋 pot

“pot” はもともと「丸くて深い容器」を指すので必ずしも「鍋」だけを指すわけではありませんが、「鍋」の意味としても使うことができる単語です。

鍋の種類を具体的に言いたい場合は、その用途をつけ加えることで表現できます。

底が深いスープ用の鍋:stewpot / stockpot

急須:tea pot

植木鉢:flower pot

圧力鍋 pressure cooker

「圧力鍋」は “pressure cooker” となるので、鍋を意味する “pot” は入りません。

「泡立て器、おたま、フライ返し」 まとめ

「泡立て器、おたま、フライ返し」は英語で以下の通り。

泡立て器:whisk / egg beater / mixer
おたま:ladle
フライ返し:spatula / turner / flipper / fish slice

もくじ
閉じる