【スラング表現あり】日常会話で使う「連絡して」は英語で?

気になる人

日常会話でよく使われる「連絡して」って英語でなんて言うの?

そんな悩みにお答えします。

「連絡して」と英語で言いたい時、 パッと頭に思いつきますか?

人によっては、もしかしたら "contact" という単語が思いつくかもしれません。

Taka

「コンタクト」は日本語でも使われますね。

"contact" はもちろん間違いではありません。 "please contact me" は会話で使われることもあります。

ただ、日常会話で使うカジュアルな表現としては、やや固い印象の表現なんです。

今回は、ネイティブが日常会話でよく使う「連絡して」の英語表現を紹介していきます。

もくじ

be in touch / get in touch

この表現は2通りありますが、どちらを使っても基本的に意味は同じです。

  • be in touch (with you)
  • get in touch

"touch" には「触る」や「接触する」といった意味があります。

be in touch:漠然としたニュアンス。

日本語で「とりあえず連絡する(かも)」

→社交辞令としても使える便利な表現。連絡しない時にも使われる。

"I'll be in touch with you" の "with you" は省略されていますが、面と向かって言うときは通常は言わないことの方が多い。

get in touch:積極的に連絡するニュアンス。

日本語の「連絡をとる」

→自発的で積極的アクションが基本。

"I'll get in touch" のような形以外に "Thank you for getting in touch ~""Sorry for getting in touch ~" といった形も使われる。

"keep in touch" 「連絡取り合おう」

「お互いの間柄が遠ざからないように、できるだけこまめに連絡を取ろうね」というニュアンスがあります。

Good to see you! I'll be in touch.
会えてよかったよ。また連絡するね。

Thank you for getting in touch with me. That means a lot to me.
連絡してきてくれてありがとう。感謝してます。

【関連記事】“mean” の意味は?「意味する・いじわる・大事なこと」など使い方10つ

hit me up

"hit me up"「私に連絡して」とカジュアルに使えるスラング表現。

主に、家族や友人などに使える表現なので、ビジネスなどフォーマルな場面ではややカジュアルすぎて、使うのにはあまり適切ではありません。

"hit" には以下のような意味があります。

  • 当たる
  • 打つ
  • たどり着く
  • 求める

「接触する」といったニュアンスを持っているんですね。

このフレーズの基本形は、

hit one's up

"one's" には通常、所有格が入りますが、このフレーズに関してはほとんどの場合、"me" または "you" が入ります。

  • hit me up:(私に)連絡して
  • hit you up:(あなたに)連絡する

Here's my number. Hit me up later!
これが私の番号。あとで連絡してね!

Once I get my work done, then I'll hit you up as soon as I can.
仕事が終わったら、できるだけ早く連絡するよ。

text me

"text me" はもともとは「(私に)メールして」という意味になります。

連絡する手段によって言い方が異なり、電話の場合は "call me" となります。

ただ、最近ではメールで連絡することが多くなってきたので "text me" がもっとも一般的。

"me" の部分は他の所有格に変えることで「〇〇に連絡する」と言うことができます。

Text me when you arrive here.
ここに着いたら連絡して。

A: Ahh, I can't text that girl. I don't know what to say...
A: あぁ、あの子に連絡できない。なんて言えばいいかわからないよ。


B: Just show her who you really are. You can do it, man!
B: そのままの自分を出せば大丈夫。お前ならきっとできるから頑張れ!

【関連記事】「頑張れ」の “fight” は和製英語!?励ましや幸運を祈る時の表現7つ

let me know

"let me know" 「私に知らせて」なので、そこから転じて「連絡して」の意味になります。

先ほどと同様に "me" の部分は他の所有格に変えることで「〇〇に知らせて」といった感じで使えます。

たまに "lemme know" という表記がありますが "let me know" が省略された形です。

Please let me know when you get home safely.
家に無事着いたら連絡してください。

A: Hi, I'm sorry that I'm calling in sick today. I have a really bad fever and headache.
A: 今日なんですが、すみませんが仕事をお休みします。ひどい熱と頭痛がありまして。


B: Don't worry about it! Let me know anything I can do for you.
B: 大丈夫、心配しないで!何か私にできることあったらなんでも言ってね。

日常会話で使う「連絡して」の英語 まとめ

  • be in touch / get in touch

be in touch:

漠然としたニュアンス。

日本語で「とりあえず連絡する(かも)」

→社交辞令としても使える便利な表現。連絡しない時にも使われる。

get in touch:

積極的に連絡するニュアンス。

日本語の「連絡をとる」

→自発的なアクションが基本。

  • hit me up

「連絡して」のスラング表現。

カジュアルな表現のため、家族や友人などに使える表現。

ビジネスなどのフォーマルな場面ではカジュアルすぎて、使うのにはあまり適切ではない。

  • text me

もともとは「(私に)メールして」という意味。

"me" の部分は他の所有格に変えることで「〇〇に連絡する」と言うことができます。

  • let me know

"let me know" 「私に知らせて」で、そこから転じて「連絡して」の意味。

"lemme know" という表記は "let me know" が省略された形。

【関連記事】“touch base” の意味は?ビジネスの連絡をとりたい時に使える表現

よかったらシェアしてね!
もくじ
閉じる