“jack of all trades” ってどういう意味?

気になる人

"jack of all trades" の意味は?

そんな疑問に答えていきます。

何をさせても何でもできる人、無難にこなす人っていますよね?

もしかしたら「それ自分!」と思ってる方もいるかもしれません。

今回は、そういった自分、または他人が自慢をするときに使える英語、 "jack of all trades" の意味と使い方をお届けします。

もくじ

jack of all trades の意味は?

"jack of all trades" の意味は、

  • 何でもできる人
  • オールラウンダー
  • 何でも屋
  • 器用貧乏

このような意味があります。

「様々なことに広く知識がある、またはできる」といったニュアンスがある一方で、「極めたものは何もない」「広く浅く」というニュアンスもあります。

なので、「色々なことができる(器用な)人」のポジティブな意味でもありますが、「器用貧乏」「多芸は無芸」といったネガティブの意味で使われこともあり、文脈によって異なります。

"Jack" は人名で、日本語の「太郎」や「花子」にあたる名前。 この表現が生まれた当時は "Jack" という名前が一般によく使われていた名前だからだとか。

"jack of all trades, but master of none" という表現もあり、「なんでもできるが、特に突出していることがない」のように、何も専門分野がないことを表しています。

jack of all trades の使い方

では、"jack of all trades" の使い方を例文で見ていきましょう。

A: The drainage pipe is clogged. And my house had a power failure. What am I gonna do?
A: 排水口が詰まったし、家は停電だ。どうしよう?


B: Maybe you should talk to John. He is a jack of all trades.
B: ジョンに話してみたら?彼は何でも屋だから。

A: You can play guitar, piano, bass, drums and even trumpet. That's crazy.
A: ギター、ピアノ、ベースやトランペットも弾けるし、ドラムも叩けてすごすぎ。


B: Well, I guess I'm jack of all trades. I'm master of none. That's my problem.
B: まぁ器用貧乏なんだよ。何も極めてないのが私のダメなところ。

jack of all trades の英語表現 まとめ

  • jack of all trades
  • 何でもできる人
  • オールラウンダー
  • 何でも屋
  • 器用貧乏

「色々なことができる(器用な)人」のポジティブな意味でもあるが、「器用貧乏」「多芸は無芸」といったネガティブの意味で使われこともあり、文脈によって異なる。

よかったらシェアしてね!
もくじ
閉じる