“I’m all ears” の意味は?「私は全部が耳」ってなにそれ?

気になる人のアイコン画像気になる人

“I’m all ears” の意味はなんだろう?
「私は全部が耳」は理解不能だし…。

そんなお悩みに答えていきます。

“I’m all ears” は直訳すると「私は全部が耳です」となります。

しかし、この日本語の訳だと???となってしまい、意味がわかりません。

え?もしかして冗談言ってる・・・?ボケてる・・・?

なんて思ってしまうぐらいですが、実は日本語の直訳には足りないニュアンスがこの英語表現には含まれています。

と、いうことで今回は、“I’m all ears” の英語表現について紐解いていきましょう。

もくじ

I’m all ears の意味と隠れたニュアンス

まずは、冒頭に “I’m all ears” の日本語訳が不自然だという話をしました。

そのまま直訳すると、「私は全部が耳です」は確かにおかしいですね。

実は、「私は全身が耳です。」と考えるとわかりやすいのですが、全身が耳になっているぐらい聞いている、聞く準備が整っているよ、というニュアンスがあります。

それぐらい聞きたくてたまらない!といった感情が込められている感じですね。

にしても、全身を耳と例えるところが、おもしろい表現ですよね!

日本語の意味は「熱心に耳を傾けている」「じっくり聞く」「傾聴する」となります。

ちなみに、

I’m listening

Go ahead

Tell me

これらも同じような意味として使うことができます。

I’m all ears の使い方

では、 “I’m all ears” の使い方を見ていきましょう。

Hey, are you listening? Yeah, I’m all ears.
ねぇ、聞いてる? うん、しっかりと聞いてるよ。

Can I ask you something? I’m all ears.
ちょっと聞きたいことあるんだけどいい?(聞いているから)どうぞ。

A: Omg, I heard of so many dramas in my workplace. Do you wanna know about it?
A: うわッ!職場でたくさんの揉め事があったらしいよ。知りたい?

B: Sure, I’m all ears.
B: ぜひ、聞かせて。

I’m all ears まとめ

“l’m all ears”
全身が耳になっているぐらい話を聞いている、聞く準備が整っているよ、というニュアンス。
日本語の意味は、「熱心に耳を傾けている」「じっくり聞く」「傾聴する」
“I’m listening” 、 “Go ahead” 、 “Tell me” は類義語として使える。

もくじ
閉じる