【英会話のNEW】ネイティブと交換日記の評判とメリット・デメリット【実体験】

気になる人

「ネイティブと交換日記」のサービスについて詳しく知りたいなぁ。

気になる人

英会話のNEWってあまり聞かないけど、評判とかどうなの?

そんな方に役立つと思います。

本記事の内容
  • 英会話のNEW「ネイティブと交換日記」の評判や口コミなど
  • 英会話のNEW「ネイティブと交換日記」のメリット・デメリットを徹底解説
  • 英会話のNEW「ネイティブと交換日記」を1週間体験する方法

英会話のNEWは、「ネイティブ講師と交換日記」できるオンランサービスを提供しているスクール。

今まで、ありそうでなかったサービスで、ネイティブ講師と友達感覚でメッセージのやり取りができます。

今回は、『評判・口コミ』に加え、英会話のNEWの利用した経験のある僕がメリット・デメリットを徹底解説していきます。

ネイティブに英文添削をしてもらいたい、ネイティブと生きた英語でメッセージをやり取りをしてみたい、と思っている方は、よかった本記事を参考にしてみてください!

\ 1週間の体験トライアル可! /

もくじ

英会話のNEW「ネイティブと交換日記」の特徴と料金まとめ

英会話のNEWが提供する「ネイティブと交換日記」は、2016年から開始したサービス。

英会話のNEW「ネイティブと交換日記」の特徴

  • 英語での交換日記は、1週間に3往復。
  • 講師は担任制。辞めるまで同じ講師が担当。(希望があれば変更は可能)
  • 1回のやり取りは150単語まで36時間以内に講師が返信してくれる。
  • 日本人講師による日本語解説サポート付き

下記の記事で、僕の実体験なども含めて詳しい内容についてまとめてます。

スクロールできます
スクール名英会話のNEW
形式オンライン
スタイルマンツーマン
料金プラン毎月更新、6ヶ月更新、12ヶ月更新の全3つ
サービス利用時間24時間
講師ネイティブ
無料体験あり(1週間)

英会話のNEW「ネイティブと交換日記」のプランは3種類

英会話のNEW 「ネイティブと交換日記」のプランは3種類。

  1. 1ヶ月プラン
  2. 6ヶ月プラン
  3. 12ヶ月プラン

学割あり。詳しくは英会話のNEWまで。

スクロールできます
プラン毎月更新6ヶ月プラン12ヶ月プラン
月額料金¥22,000¥16,500¥13,200
6ヶ月プランが一番人気。

長期での申し込みが不安な方は、毎月更新することができます。

また、今なら6ヶ月コース申し込みをすると、1ヶ月分が無料になるキャンペーン中とのこと。

限定50名らしいので、興味がある方は1週間体験してみてはいかがでしょうか?

>>> 外国人との交換日記コース【英会話のNEW】

モニター特別キャンペーン実施中!

さらに現在、モニター受講生を募集しています。(人数限定)

新任講師が担当するため、受講料が20%OFFとなります。

詳しくは英会話のNEW でご確認ください。

英会話のNEW「ネイティブと交換日記」の評判や口コミ

英会話のNEWの「ネイティブと交換日記」を実際に利用した人の『悪い評判』と『良い評判』をそれぞれ紹介していきます。

英会話のNEW「ネイティブと交換日記」の悪い評判

まずは、英会話のNEWを利用した人からの『悪い評判』から。

英語で日記書いて1年以上経ったかな… ふと広告が目に留まる ネイティブと交換日記… 添削してくれるサービスね。月額なかなかのお値段だなぁ…2万近い。ここまでは出せないなぁ…

Twitter: Mia@TOEICSTUDY1

Taka

値段についてどう思うかは人それぞれですが、月額2万円と考えると高いと思うのもわかります。

インスタの広告。1週間980円でネイティブと英語交換日記って。。 しかも自分が書くのは週3回だけで。HelloTalkならタダで。回数無制限世界中にいるネイティブから修正してコメントももらえるのに。

Twitter: ね子 看護師雑記ブログ@nekoblog2021

Taka

HelloTalkで世界中のネイティブと知り合いになることはできますが、自分の英語を間違いをすべて修正してくれるかどうかは、そのネイティブ次第。

まだ、あまり知られていないサービスではあるため、そこまで多くの評判・口コミは見つかりませんでした。

英会話のNEW「ネイティブと交換日記」の多かった悪い評判

  1. 料金
  2. 無料で使える別サービスがある(条件あり)

英会話のNEW「ネイティブと交換日記」の良い評判

続いて、英会話のNEW「ネイティブと交換日記」を利用した人からの『良い評判』です。

これは出てこないわという表現に日々ノックアウト。ネイティブにはなれないけど、生きた言葉を多く多く習得したい、と心底焦がれる。そしてそれらの言葉が、生徒さんたちの世界をも広げていくきっかけになったら、最高に幸せだなぁ。結局この2つが、私の原動力。

Twitter: miso★soup@soupmisosoup

Taka

英語を教えている方でもまだまだ学びはあると感じる交換日記。モチベも高そう。

今日も文章をガッツリ直されました。交換日記中のオーストラリア生まれのネイティブさんからのご指摘。 ”except forは前に持ってきて、カンマで区切ると、文構造がはっきりしてわかりやすい。” こういうの、ホントに知らないすよ。独り言やる時も同様、ネイティブさんチェックが必要になるんんだね。

Twitter: 笛を吹くベルボトマー@Bellbottom_Love

Taka

アプリなどで仲良くなったネイティブスピーカーだと、ここまでしっかりとは指摘してくれないはず。

「今までは」って意外とちゃんとした言い方知らなくて、 外国人と交換日記の中でネイティブ講師が使ってたやつ。up until now⇛今までは Up until now, I always〜 今までは、私はずっと〜 使えるな。

Twitter: みき@年400回以上Disneyを見続けて25年@MIKI_NEWENGLISH

Taka

ちょっとした英語表現の使い方やコツなど、学びがありますね。

毎回の交換日記のやり取りで生きた英語を学べる、という実感をしている人はやはり多いようです。

英会話のNEWの多かった良い評判

  1. ネイティブが使う自然な英語を学べる
  2. 間違いはとことん指摘してくれる

英会話のNEW「ネイティブと交換日記」のデメリット3つを解説

では、ここからは英会話のNEW「ネイティブと交換日記」のメリット・デメリットを僕の経験も踏まえて紹介していきます。

まずは、英会話のNEWのデメリットから。

英会話のNEW「ネイティブと交換日記」のデメリット3つ

  1. 料金がやや高め
  2. 1回の交換日記で150単語の字数制限がある
  3. サービス開始までに時間が少しかかる

順番に見ていきますね。

料金がやや高め

英会話のNEW「ネイティブと交換日記」の料金プランは3種類。

スクロールできます
プラン毎月更新6ヶ月プラン12ヶ月プラン
月額料金¥22,000¥16,500¥13,200
6ヶ月プランが一番人気。

プランによって料金は変わりますが、月額およそ13,000円〜22,000円となっています。

交換日記のやり取りは週3往復、月12往復ありますが、1往復で1,100円〜1,800円ほどの計算です。

Taka

えっ!けっこうするんだ・・・。

ということで、英文添削サービスを提供している他社と比べてみます。

たとえば、英文添削サービスとして有名な「英語添削アイディー 」では、1回100単語まで添削をお願いできるプランがありますが、月額10,000円ほどかかります。

1回150単語の「英会話のNEW」と比較してみても、1単語あたりにかかる金額はあまり変わりません。

また、「ネイティブと交換日記」であれば講師から毎回150〜250単語ほどのメッセージがもらえるので、講師の英文を参考にしたり、知らない表現などは別途質問することもできるため、使い方次第ではむしろお得かもしれません。

Taka

しかも、質問は交換日記の回数にカウントされないので、気になる表現は質問し放題!

1回の交換日記で150単語の字数制限がある

英会話のNEW「ネイティブと交換日記」では、1回の交換日記のやり取りは150単語までと決められています。

Taka

150文字ではなく、150単語です!

「え?少なくない?」と思うかもしれませんが、英作成に慣れていないと、150単語を書くのもなかなか大変な作業です。

とはいえ、書こうと思えば書けない量でもない、頑張れる量だと思います。

また、英語試験のライティング課題では受けるテストにもよりますが、100〜200単語書くことが求められるので、150単語書くのはとてもいい練習になります。

サービス開始までに時間がかかる

いざ、英会話のNEW「ネイティブと交換日記」を始めようとしても、始めるまでの準備に時間が多少かかってしまうのがネック。

というのも、申し込み〜サービス利用までが完全にシステム化されているわけではなく、担当の方とやり取りをしていく中で、サービスを始めるためのセットアップをしていきます。

「ここまで完了したら、一度連絡ください」という感じで、ステップごとに確認しながらやっていくので、急務で使いたいという方には不向きかもしれません。

Taka

とはいえ一度、担当の方に相談してみるのが良さそう。

英会話のNEW「ネイティブと交換日記」のメリット5つを解説

続いて、英会話のNEWのメリットを5つ紹介します。

英会話のNEW「ネイティブと交換日記」のメリット5つ

  1. ネイティブから生きた英語が学べる
  2. スキマ時間にコツコツ取り組める
  3. 英作文のトレーニングになる
  4. ネイティブ講師との仲が深まる
  5. 英検・TOEFL・IELTSなどのライティング対策もできる

順番に見ていきますね。

ネイティブから生きた英語が学べる

英会話のNEW「ネイティブと交換日記」は文字通り、ネイティブと英文でメッセージのやり取りをします。

なので、英語の授業やテキストで習った "This is a pen" のような日常ほぼ使わないような英語ではなく、実際に使われている「生きた英語」を学ぶことができます。

もし、自分の書いた英文が間違っていたり、自然な言い方でなければ、講師が自然な英語に直してくれます。

講師からの返答メッセージの中にもたくさんの「生きた英語」があるので、その中から見て表現を学んだり、次の日記で早速使ってみるのもいいでしょう。

スキマ時間にコツコツと取り組める

仕事や学校、家事や育児で毎日忙しくても、5分・10分のほんのちょっとした空き時間で英作文して、また時間ができたときに英作文して・・・

こんな感じで、1日の中で生まれるスキマ時間を利用して少しずつ取り組めるため、とても利便性が高いです。

英会話レッスンだと、1レッスンあたり25分〜30分は時間的に拘束されてしまったり、当日ドタキャンするとレッスン消化になってしまったりと、急用などに対応できないデメリットがあります。

Taka

特に家事・育児をしている方は、まとまった時間を取るのが難しいはず。

その点、1週間に3往復の交換日記であれば、1回分の英作文に2日間かけることができるので、時間をうまく使えばできるペースとなります。

英作文のトレーニングになる

毎回、最大150単語の英作文をすることになるので、いい英作文のトレーニングになります。

交換日記の流れは、こんな感じ。

スマホ・PCなどから英語で日記を書く

ネイティブ講師が自然な英語に添削

自分の日記に対して、講師が日記を書いて返事をする

交換日記の特徴は、①自分の書いた英文日記②その日記を講師が添削したもの③日記の内容に応じた返事、この3つの英文が1往復分になっていること。

①自分の書いた英文日記

②その日記を講師が添削したもの

③日記の内容に応じた返事

Taka

上記のように、講師の添削箇所はわかりやすくハイライトされているので、どこが間違っていたのかすぐにわかるようになっています。

上記3つの英文が1往復分となり、1週間の中で3往復します。

どんな風に書いたら伝わるだろうか?と考えながら英作文をするはずなので、少しずつ英文に慣れていくだけでなく、英会話するときにも頭の中で英作文がしやすくなり、結果的に口から英語が出やすくなります。

ネイティブ講師との仲が深まる

週3往復の交換日記をしていくと、そのネイティブ講師のことをより知っていくことになり、友達のような関係性になります。

仲が深まると、「こんな話をしたい!」や「あんな話もしてみたい・・・」といった欲も出てくるので、英語学習のモチベーションにも繋がります。

Taka

この「相手に伝えたい!」という気持ちがめっちゃ大事。

実際に、国際恋愛カップルで相手の言語で少なからず会話ができるようになるのは、「相手に伝えたい!」や「相手ともっと会話したい」というモチベーションがあるからです。

英検・TOEFL・IELTSなどライティング対策ができる

さらに、英語資格試験で出てくるライティングテストの対策をすることもできます。

ある程度は事前に伝えておく必要がありますが、どんな内容でライティングの練習をしたいのかなど、講師や担当者と相談するのもアリです。

実際、ELTSライティング課題をもとに、私もライティングの練習をやってみましたが、講師からアドバイスなども返答メッセージでもらいました。

ライティング対策の詳しい内容を知りたければ、こちらの記事をご覧ください。

英会話のNEW「ネイティブと交換日記」を1週間体験をする方法

英会話のNEW「ネイティブと交換日記」について、ちょっと気になるから試してみたい!という方は、1週間のお試し体験(980円)ができます。

もし体験してみて、自分に合わないなと思ったら体験だけでOK。

Taka

僕も1週間のお試し体験をやりましたが、その後のしつこい勧誘などはまったくありませんでした。

1週間体験するには、以下の流れに沿って進めていきます。

STEP
申し込みフォームから体験申し込み

まずは、英会話のNEW の公式ページから「体験申し込み」に行き、必要な基本情報を入力します。

ここで、講師の希望なども伝えることができます。

(たとえば、女性の講師が希望、洋画が好きな講師、IELTSライティングの添削ができる講師、など)

STEP
「Stock」の操作説明に沿って、交換日記の利用設定をする

「Stock」アプリを使って交換日記をするための、準備をします。

わからないことなどあれば、いつでも担当者に質問できますよ。

STEP
講師が決定&交換日記のお試し期間スタート

講師から簡単な自己紹介を含めたショートメッセージが届きます。

(ショートメッセージのやり取りは、日記の回数には含まれません)

早速、時間があるときに、1回目の日記を英語で書きます。

STEP
お試し期間終了日まで、3回分の日記を書き終える

1週間で日記交換は最大3往復できます。

2日に1回のペースですが、自分のスケジュールを考えながら、日記を書きましょう。

【結論】頼れる英語ネイティブを作りたい方

以上、英会話のNEW「ネイティブと交換日記」の評判やメリット・デメリットのレビューでした。

英会話のNEW「ネイティブと交換日記」はのデメリット3つ

  1. 料金がやや高め
  2. 1回の交換日記で150単語の字数制限がある
  3. サービス開始までに時間が少しかかる

英会話のNEW「ネイティブと交換日記」はのメリット5つ

  1. ネイティブから生きた英語が学べる
  2. スキマ時間にコツコツ取り組める
  3. 英作文のトレーニングになる
  4. ネイティブ講師との仲が深まる
  5. 英検・TOEFL・IELTSなどのライティング対策もできる

英会話のNEW「ネイティブと交換日記」は、特に忙しくて英会話レッスンを受けるまとまった時間が取りにくい方、スピーキング、ライティング関わらず英作文が苦手な方にとってはいいサービスだと言えます。

さらに、友達感覚でネイティブとやり取りをしたり、必要があれば英文エッセイなどの添削もしてもらえるので、いろいろな用途にも対応しています。

6ヶ月更新のコースであれば、1ヶ月分が無料になるキャンペーン(50名限定)をやっているようなので、気になる方は1週間体験を試してみるのがオススメです。

\ 1週間の体験トライアル可! /

よかったらシェアしてね!
もくじ
閉じる