【天気の表現】 “cats and dogs” ってどういう状態?

気になる人

"cats and dogs" ってどういう意味?

こんな英語フレーズがあります。

"It's cats and dogs"

「猫と犬たち」という意味で、これといって普通の文ですよね。

ですが、 "cats and dogs" は猫や犬たちがいることを表すだけでなく、ネイティブはまったく別の意味として使うこともあるおもしろい表現なんです。

日本だと、梅雨や台風の時期に特にピッタリな表現でもありますね。

ということで、今回は "cats and dogs" の意味と使い方についてです。

もくじ

cats and dogs の意味は?

"cats and dogs" は、

どしゃ降りの雨

こんな意味があります。

Taka

え?どしゃ降りの雨・・・!?

こんな風に思う方もいるかもしれませんが、ちょっとした雨ではなく、多くの雨、まさにどしゃ降りの状態のときに使われる表現なんです。

やや古い表現ではあるため、最近では使われることも少なくなってきていますが、スポーツ中継では今でも使われることがあります。

Taka

野球のMLB中継で現地アナウンサーが使っていたのを聞いたことがありますね。

なぜ "cats and dogs" なのか?

調べてみると色々と語源があるようで、1つは猫が「嵐のシンボル」、犬が「風のシンボル」と言われていて、船乗りにとっては大雨の象徴だったという話。

他には、 "cats and dogs" がギリシャ語で「経験や信念に反する」という意味の cata doxa という表現から来ている説、ワラの屋根裏に犬猫が寄り添っていて大雨のときに流されてしまった説、などありましたが、正確な語源はいまだにわかっていません。

"cats and dogs" を使って大雨である状況を言いたい時は、

It's cats and dogs

または

It's raining cats and dogs

"cats and dogs" は「猫、犬」の順になっていますが、この2つの動物の順番がとても大事なんです。もし "dogs and cats" と言ってしまうと「どしゃ降りの雨」という意味では通じなくなってしまうので、語順には気をつけましょう!

この "cats and dogs" と同じ意味で使える表現がいくつかあります。

"cats and dogs" の置き換え表現
  • It's chucking down
  • It's pouring down

最近ではこれらの表現の方が使われる頻度は高いので、もしかしたら聞いたことある人もいるかもしれませんね。

cats and dogs の使い方

では、 "cats and dogs" の使い方を例文で見ていきましょう。

Look! It's raining cats and dogs.
見て!どしゃ降りの雨だよ。

In the middle of the picnic, it started raining cats and dogs and everyone got soaked.
ピクニックの途中で雨が降ってきて、みんなびしょ濡れになってしまった。

A: It's cats and dogs out there.
A: 外は大雨ですね。


B: Damn it. I didn't bring an umbrella. What am I gonna do?
B: くっそー。傘を持ってこなかった。どうすりゃいいんだ。

cats and dogs の英語表現 まとめ

  • cats and dogs

どしゃ降りの雨

"cats and dogs" を使って大雨である状況を言いたい時は、

It's cats and dogs

または

It's raining cats and dogs

"cats and dogs" の置き換え表現
  • It's chucking down
  • It's pouring down
よかったらシェアしてね!
もくじ
閉じる