「稼ぎ頭」「大黒柱」は英語で? “breadwinner”や他の表現は?

気になる人のアイコン画像気になる人

「稼ぎ頭」とか「大黒柱」って英語でなんて言うんだろう?

そんなお悩みに答えていきます。

「稼ぎ頭」「大黒柱」というと、一般的にお金を一番多く稼ぐ人(もの)のことを指します。

実は、この「稼ぎ頭」「大黒柱」の英語表現がとてもおもしろいのですが、『パン』や『牛』を使った表現があります。

実は、これらの単語の語源のルーツを辿っていくと、なぜ『パン』や『牛』が「稼ぎ頭」「大黒柱」という意味になるのかがわかります。

・wage earner

・breadwinner

・cash cow

と、いうことで、今回は「稼ぎ頭」「大黒柱」の英語の語源と意味、使い方について見てきます。

もくじ

wage earner

“wage” は「賃金」「報酬」を意味し、“earner” で稼ぐ人になるので、その2つを繋げて “wage earner” で賃金を稼ぐ人 = 稼ぎ頭となります。

My husband is the wage earner in my family.
私の旦那は家族で1番の稼ぎ頭だ。

Recently, more women get promoted in the company and they become wage earners in their family.
最近はたくさんの女性が会社の中で昇進をしており、稼ぎ頭になっている。

breadwinner(bread-winner)

“bread” は「パン」“winner” は「勝者」なので、そのまま直訳すると「パンの勝者」になってしまいますが、実際にはそんな意味にはなりません。

実は、“bread” はスラングで 「お金」 を意味します。

大昔、まだまだ貧しかった時代では、生活に必要なものが主食のパンであったため、パン = お金を意味するスラングが生まれたんだとか。“breadwinner”は、そこから「お金を一番稼ぐ人」となりました。

“breadwinner” は “bread-winner” と表記することもあります。“bread winner” とスペースを入れて表記はしません。

Men are expected to be the breadwinner in a family in general.
男性は一般的に家族の中で稼ぎ頭だと思われている。

 It will be left penniless if the breadwinner deserts the family,
もし大黒柱が家族を見捨てたら、一文無しになる。

※ “penniless” 「一文無し」

cash cow

“cash cow”「現金の牛」ではありません。

“cash” は「現金」”cow” は「牛」なので、直訳すれば「現金の牛」となってしまいますが、意味不明すぎますね。笑

辞書には以下のように書かれていました。

“cash cow”

a product or service that makes a lot of money over a long period of time for the company that sells it, often money that is used to support the company’s other activities

Cambridge Dictionary

「長い期間、会社や組織のために多額のお金を売り上げを生み出す商品、またはサービス。会社の他の活動を支援するお金のこと。」とあります。

日本でいえば、「金のなる木」「ドル箱」と同じような意味と考えればよく、英語圏では「牛」を使って表現するんですね。

ちなみに「牛」を使う理由として、『牛(乳牛)は一度飼うと、長い間多くの牛乳を出してくれるから』というところに由来しているんだとか。

“cash cow” は商品やものに対して使われる表現なので、人物に対して使う「稼ぎ頭」や「大黒柱」の意味合いとは若干異なるので注意しましょう。(ただし、芸能界で会社がタレントを商品と扱うなど、人をビジネス上の商品として考える場合は例外です)

The big movie studio sees that actress as a cash cow.
大きな映画スタジオはあの女優を金のなる木だと思っている。

iPhone products are cash cows for Apple Inc.
アイフォン製品はアップル社にとって金のなる木だ。

「稼ぎ頭」「大黒柱」まとめ

wage earner
“wage” 「賃金」「報酬」を意味し、“earner” 「稼ぐ人」賃金を稼ぐ人 = 稼ぎ頭


breadwinner(bread-winner)
“bread” はスラングで 「お金」 を意味する。昔は生活をするのに必要なものがパンであったため、パン = お金を意味するスラングとして使われるようになる。 “breadwinner”「お金を一番稼ぐ人」


cash cow
「金のなる木」「ドル箱」のような意味。商品やものに対して使われる表現でなので、一般的に人物に対して使う「稼ぎ頭」や「大黒柱」の意味合いとはすこし異なる。

コメント

コメントする

もくじ
閉じる