“Dibs!” の意味は?自分のものだと主張する時の表現

気になる人のアイコン画像気になる人

"dibs!" っていう表現を見かけたんだけど、いまいち意味がよくわからないんだよなぁ。

そんなお悩みにお答えします。

"dibs" という表現は、ネイティブの間で使われるスラング表現。

海外ドラマや洋画で見かけることがあります。

"dibs" の意味を調べるといくつか出てきますが、実際には違う意味で使うことがほとんどです。

もくじ

dibs の意味

"dibs" を辞書で調べると、以下のような日本語の意味が出てきます。

少額のお金

使用権・所有権

分け前

ただ、日常会話でこういった意味で使われることはほとんどありません。

実際には、自分のものだと主張する時に「私の!」「俺の!」「僕の!」という意味で使う表現です。

人物が対象になる場合は、「その人を口説く」といったニュアンスも含みます。

他の表現だと "It's mine" と同じ意味になります。

dibs の使い方

では、"dibs" の使い方です。

"dibs" は単体で使うこともできますが、

(call) dibs on ~

"call dibs on~" または "dibs on~" というフレーズで使われることもあります。

"on" の後ろには、 対象となる人・ものが入ります。

I call dibs on this candy!
このキャンディは僕のだ!

A: Look, there's a hot girl over there. Dibs!
A: 見ろ、あそこにいい女がいるぞ。俺のだ!(俺が口説くぞ!)


B: No, I called dibs on her!
B: いや、彼女は俺のだ!

dibs まとめ

  • dibs

自分のものだと主張する時に「私の!」「俺の!」「僕の!」という意味で使う表現。
"dibs" 単体だけで使う場合、 "call dibs on~" というフレーズで使う場合とある。"on" の後ろは対象となる人・もの

よかったらシェアしてね!
もくじ
閉じる