“deal breaker”の意味は?恋愛トークでも使えるフレーズ

気になる人のアイコン画像気になる人

"deal breaker" ってどんな意味?
直訳だと意味がしっくりこない時があるんだよなぁ。

そんなお悩みに答えていきます。

"deal breaker" という表現を見かけたことがあるかもしれませんが、直訳すると「取引を壊す人」や「契約を台無しにする人」といった意味になります。ただ、使う状況によっては意味がいまいちピンとこない時もあります。

一般的に、"deal breaker" はビジネスの場面で使われがちに思われますが、実は日常会話でも恋愛トークをするときにも使われます。

たとえば、どれだけ相手のことが好きだったとしても「〇〇は譲れない」「〇〇をされたら冷める」といったように「呑み込めない条件」を言いたい時に使える便利な表現になります。

と、いうことで、"deal breaker" の意味の本質と正しい使い方をしっかりと理解していきましょう。

"deal breaker" は deal と breaker の間に "-" を入れて、"deal-breaker" と表記をすることもあります。

もくじ

"deak breaker" は2つの単語で構成

"deal breaker" "deal" "breaker" の2つの単語から構成されています。まずは、それぞれの単語の意味を確認しておきましょう。

"deal"
【動詞(他動詞)】
〔+目的語(+out)〕〈…を〉分配する,分ける,配る

【動詞(自動詞)】
〔+with+(代)名詞〕〈人が〉〔問題・人を〕処理する,扱う


【名詞(可算名詞)】
(商売上の)取引

出典元:Weblio

"breaker"
【名詞(可算名詞)】
壊す人、破る人、破砕機

出典元:Weblio

この2つの単語の意味を組み合わせてみると、冒頭にも触れましたが「取引を壊す人」となりますが、実際にこういった訳にはなりません。

では、実際の会話の中で使われている意味と使い方について、次の項で触れていきます。

"deal breaker" の意味と使い方

"deal breaker" の実際に使われている意味と使い方をみていきましょう。

"deal breaker" の意味

「呑み込めない」
「見逃せない」
「ありえない」


なにかしら「約束していたこと」「〇〇であるべきこと」を「なしにしてしまう人(もの)」といったイメージ。

このように、直訳の「取引を壊す人(もの)」というコアの意味はあるものの、実際には、対象の人やものに対して「呑み込めない」「見逃せない」「ありえない行動や言動」といった意味として使える表現となります。

That's a deal breaker.
それは、呑み込めない条件だね。

Smoking in public is a deal breaker for me.
公共の場でタバコを吸うのは私にとってはありえないな。

He cheated on me but he didn't admit it. That's a real deal breaker!
彼は浮気をしたのに事実を認めなかった。本当にありえないよね!

I love playing video games, so if my future girlfriend doesn't like it, that would be a deal breaker for me.
私はテレビゲームが大好きだから、もし将来の彼女が好きじゃないとお付き合いはできないな。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

もくじ
閉じる