「舌打ち」は英語で?イラっとしたときの「チッ」の表現

気になる人

この前、イラっとしてついつい「舌打ち」しちゃったけど、英語で「舌打ち」って何て言うんだろう?

そんな疑問に答えていきます。

腹を立ててしまったとき、物事がうまくいかなかったときなど、イライラしたときについ「舌打ち」をしてしまうもの。

実際に「舌打ち」をするときは「チッ」という音を出しますが、この「舌打ち」の英語表現があるのを知っていましたか?

実は「舌打ち」という言葉自体の英語表現に加えて、「チッ」と音を出す様子を表す言い方もあります。

全部で3つの言い方を紹介していきますので、頭の片隅に入れておいてくださいね!

もくじ

「舌打ち」の clicking one's tongue

「舌打ち」は英語で "clicking one's tongue" と言います。

"click" はパソコンのマウスを「クリックする」の意味ですが、他にも「カチッ」などの音を立てる様子を表す意味もあります。

なので、「舌の音を立てる」から「舌打ち」の意味として使われます。

ただ、英語圏では「舌打ち」は怒っている時だけに限らず、考えているときや言葉に詰まったときに舌を鳴らすことがあり、 "clicking one's tongue" はその意味で使われる方が多いです。

Taka

他にも、韓国や中国、インドなどでも「舌打ち」が別の意味を持っていたりするようです

また、この "clicking your tongue" は、どちらかというと「舌打ち」自体を言い表しているので、「チッ」という「舌打ち」の音を表しているわけではありません。

Don't click your tongue. That doesn't sound good.
舌打ちをするな。人聞きが悪いぞ。

I usually click my tongue quite a lot when I got frustrated.
イラっとしたときに普段からけっこう舌打ちを多くする。

「舌打ち」の tut

「舌打ち」"tut" という言い方もあります。読み方は『タット』

この表現は舌打ちの「チッ」の音を表す言い方で、主にイギリス英語として使われる表現。 "tut tut" と2回繰り返して使うこともあります。

"tut" はもともと感嘆詞ですが、動詞で使うこともできるので、現在進行形や過去形で使うときは "tutting" "tutted" のように "t" が2つ重なるのを忘れずに。

Oh, man! Tut, it's pouring. I'm going to get soaked.
なんだよ、チッ、どしゃ降りじゃないか。これは濡れるな。

Tut tut! You're late again! How many times do I have to tell you not to be late?
チッ!また遅れたのか!遅刻するなと何回言えばいいんだ?

「舌打ち」の tsk

他にも「舌打ち」には "tsk" という英語表現があります。

この "tsk" は舌打ちのときの「チッ」を表す擬音語として使われる言い方で、読み方は『チェッ』です。

「ティー・エス・ケー」とローマ字読みはしないので、気をつけましょう。

この "tsk" は感嘆詞。どちらかというとアメリカ英語の表現で、先ほどの "tut" と同じく "tsk tsk" と2回繰り返して使うこともあります。

そもそも英語圏では「舌打ち」自体のちゃんとした英語表現というのがあまりなく、「チェッ」と舌を鳴らすのが一般的のようです。

Taka

日本では「舌打ち = 失礼な行為」と捉われがちですが、海外ではそうとも限らないのかもしれませんね。

The coach is not happy with his performance and gave him tsk tsk.
あのコーチは彼の演技に満足ではなかったので、舌打ちをした。

A: Tsk tsk! I don't believe what just happened.
A: チッ!マジありえない。


B: Stop clicking your tongue like that. That's bad behavior. Tell me what happened to you.
B: 舌打ちはやめなさい、態度悪いから。何があったか言ってごらん。

「入学式」の英語表現 まとめ

  • clicking one's tongue

「舌打ち」自体を言い表す表現

"click" はパソコンのマウスを「クリックする」の他に「カチッ」などの音を立てる様子を表す意味もある。

  • tut

舌打ちのときの「チッ」を表す擬音語として使える表現。

"tut" は名詞や動詞で使える。進行形や過去形のときは "tutting" "tutted" のように "t" が2つ重なるのを忘れずに。

イギリス英語として使われる表現のようで、 "tut tut" と2回繰り返して使うこともアリ。

  • tsk

舌打ちのときの「チッ」を表す擬音語として使える表現。

"tsk tsk" と2回繰り返して使うこともアリ。

よかったらシェアしてね!
もくじ
閉じる